13歳

2011年03月05日

新 13歳のハローワーク 村上龍

新 13歳のハローワーク新 13歳のハローワーク
著者:村上龍
幻冬舎(2010-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「新 13歳のハローワーク」は、うちの小学校
1年生の双子のバイブルにしています。


内容:
2003年に刊行された 『13歳のハローワーク』
をパワーアップさせた新版。

13歳という年齢が大人の世界の入り口にいる。

自分に向いていない仕事をよりも、自分に向いて
いる仕事
をした方がいい。
向いている仕事は、訓練や勉強を続けるのが
それほど苦痛でない


今は、仕事をすぐ辞めてしまう若者がいるのも
当然。派遣やアルバイトなどの非正規社員は、
悪い条件で働かされる。
正社員になっても、非常に長い時間の残業
させられたり、いつリストラされるか分からない。

忍耐心がないというのは、会社に入れば一生
安心して働くことのできた昔の人たちの誤解。


学んだこと:
少しでも早くから、将来の進路を考えることは
とても大切だと思います。

しかも、本当に自分のやりたいことを見つける!
(世間体、給料、親の強制とかではなく)

大学(高校)に入ってから急に将来の進路を
考えることになりますが、普段から何も考えて
いないのに、自分のことはそんなに簡単には
分からないと思います。

結局、世間体、安定性を中心に考えることに
なってしまいます。

それがダメな訳ではありませんが、親の世代
とは時代が違うので、大企業やサラリーマン
が将来安心とは言い切れなくなりました。

自分に向いている仕事すれば、その人も能力
が発揮できて幸せになり、そういう人たちが
増えれば、社会も発展していくと思います。

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索