願い

2010年12月05日

願いがかなうNLP 山崎啓支

願いがかなうNLP願いがかなうNLP
著者:山崎 啓支
サンマーク出版(2009-02-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フォトリーディング的に書いてみたいと思います。


この本を読む目的:
 
願いをかなえるNLP理論について知りたい。


フォトリーディング中


この本への質問:

1.願望は強く願うとダメなのか?

2.できて当然と思えたことは、実現できるのか?

3.なりたくない状態をゴールにするとは?


質問の回答:
1.願望は強く願うとダメなのか?
強く願うということは、「いまはない」という
メッセージを強力に無意識に届けることに
なる。
「手に入れて当然」という感覚が大切。 

2.できて当然と思えたことは、実現できるの?
願望を実現させやすい人というのは、
「実現できて当然なのだ」と自然に
思っている人。
すでに目標を達成したとして、そのあとに
何がしたいか?考えると、目標は通過点
になり、ハードルが下がる。


3.なりたくない状態をゴールにするとは?
無意識は、否定語を理解できないという、
特性がある。
「緊張しないで話そう」と思うと、緊張して
しまう。
「なりたくない状態を否定する」形
ではなく、「なりたい状態」を設定する。


この本から得たひとこと:
無意識は、否定語を理解できない。

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索