起業

2012年04月23日

「会社を辞める!」と決めてからの、起業ロードマップ 真田 学

「会社を辞める!」と決めてからの、起業ロードマップ「会社を辞める!」と決めてからの、起業ロードマップ
著者:真田 学
販売元:ぱる出版
(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


もう起業してしまっているのですが、
今さら、「どうのように起業するのが
一番いいのか?」

気になっています。

そんな訳で、起業関連の本を読み漁って
いる毎日です。

続きを読む

kadenbook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月15日

辞めて生きる技術 藤井 孝一

辞めて生きる技術辞めて生きる技術
著者:藤井 孝一
販売元:フォレスト出版
(2012-02-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

週末起業でおなじみの藤井孝一さんの
新書です。

新書といっても、読んだのは3週間くらい
前なんですが、ブログで紹介するのが
遅くなってしまいました。

ついに日本も、「会社に雇われる働き方」
ではなく、自分自身で稼ぐ働き方」
主流になりつつあるそうです。

続きを読む

kadenbook at 14:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年01月18日

はじめての個人事業100問100答 大迫 秀樹

はじめての個人事業100問100答 (アスカビジネス)はじめての個人事業100問100答 (アスカビジネス)
著者:大迫 秀樹
販売元:明日香出版社
(2007-10-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昨年、独立したばかりのためか、
分からないことばかりです。

来月の確定申告は、どうなるか?
不安でたまりません。

確定申告の経験は、住宅減税
や医療費控除
くらいです。

そんな中、不安を和らげるため、
簡単な本から読んでみることに
しました。

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月10日

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目 岩松 正記

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
著者:岩松 正記
販売元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
(2010-11-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


起業や会社経営に興味を持ちつつも
今一歩を踏み出せない方、もしくは
踏み出したものの不安や疑問を抱い
ている方に向けた本だそうです。

どちらかというと、会社を経営したときに
やってはいけないことを前もって知りたい
起業準備中の人にピッタリのような気が
しました。

サラリーマンの方でも、経営者側からの
視点
を学ぶことができるので、社会人と
して勉強になりそうな本ですね。


続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月20日

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 G.キングスレイ ウォード

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
著者:G.キングスレイ ウォード
新潮社(1994-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


いろいろな人が、この本を推薦しています。
(ビジネスマンの父より息子への30通の手紙)

1987年に刊行と、かなり古い本ですが、
時代が変わった今でも役立つ内容ばかり
です。

会社を経営している父親が、息子に宛てた
手紙
です。
読んでいくと、感動して手が震えました。
(本当です)

ビジネスマンが生涯遭遇するあらゆる
局面が出てきます。

細かい内容を紹介するより、全体的に何が
書かれているかを紹介したいと思います。

(第一通)
・あえて挑戦を
 名門私立大学に合格したが気おくれし、
 やっていけるだろうかと迷っている君へ。

(第二通)
・教育の設計
 いつ、何を、どう勉強すれば、充実するのか、
 将来に備えて

(第三通)
・成功について
 父親にはかなわない?いずれ父親を振り
 回すようになるのに。

(第四通)
・惰性的な生き方には
 「ミソサザイの翼で鷹のように飛ぶ」ことは
 できない。下降する成績に歯止めを。

(第五通)
・実社会での最初に日々
 いよいよ実業界に足を踏み入れたが、一抹
 の不安を感じないではいられない君に。

(第六通)
・誠実さの代価
 ビジネスで最も重要なルールは君が真実を
 語らなくかったと、決して人に言われないことだ。

(第七通)
・「企業家」とは何か?
 冒険心と自信。危険への備えはどうするのか?

(第八通)
・経験の重みに代えて
 新たに販売部に就任した君。経験が基本条件
 の部署だが、しかし君にはそれがない。

(第九通)
・部下との衝突
 衝突で何を得、何を失ったか。回避の道は
 なかったのか。

(第十通)
・共同事業への誘惑
 一攫千金のうまい話にさめた目、さめた手段を。

(第十一通)
・結婚を気軽に考えないで
 結婚という投資による損益は大きい。
 よき妻の条件とは。

(第十二通)
・事業を拡大する上で重要なこと
 事業を大幅に拡大するについて、二、三
 の大きな問題点を見落としていないか?

(第十三通)
・金銭感覚はどうなっているのか
 高額の勘定書が会社に回されてくる。
 いささか不安を感じて一つ君に尋ねたい。

(第十四通)
・講演は自信を持て
 母校の公園を引き受けたものの、大勢の前で
 話す場面を想像し愕然としている君に。

(第十五通)
・礼儀正さにまさる攻撃力はない
 仕事仲間に誇りをもって紹介できる社員とは、
 どんな人物なのか?

(第十六通)
・銀行融資を取り付けるには
 実業家は銀行の有難味をよく忘れる。君も
 目的に夢中で、銀行を過小評価していないか?

(第十七通)
・政府の検査官について
 恐れることはない。政府は私たちの事業を
 助けるためにあり、実際に助けてくれるはずだ。

(第十八通)
・多角経営は会社を安定させるか
 会社は一つの分野だけの経営の方が強いのでは
 ないかと、多角化の根拠を尋ねる君へ。

(第十九通)
・読書の価値
 「一冊の本しか読まない人に気をつけよう」
 これ以上付け加える必要があるだろうか。

(第二十通)
・効率的な管理とは何か?
 それは部下とのチームワークである。が活用
 されることの少ない方法は一つでもある。


紹介は、ここまでにします。

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月21日

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する 橘 玲

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
著者:橘 玲
講談社(2009-06-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


内容:
みんなが好きな仕事に就けて、毎年給料
が上がって
、会社は一生社員の面倒
見てくれて、退職すれば悠々自適な年金
生活
が待っている・・・

そんな理想的なストーリーを勝手に思い
描いて、その夢が裏切られたと泣きわめく
のはそろそろやめよう

サラリーマンを辞めて独立しよう!という
ことではなく、自由に生きる為の戦略
持たないといけないということ。

会社に雇われない生き方を選択した人
たちを「フリーエージェント」という。
さらに法人化したものが、「マイクロ法人」。

株主と取締役が1人で、個人とは異なる
法人格を持つ。


学んだこと:
上記では、この本「貧乏はお金持ち」の概略
を書きました。

正社員の雇用が急激に増える訳でもなく
また安定している訳でもなく、それ以外の
いい方法を求めたら・・・といった感じです。

内容の詳細は、いかにサラリーマンよりも
マイクロ法人の方が税制が優遇されて
いるか?が後半のメインテーマです。

税務が苦手な私でも、内容が分かりました。

独立、起業を目指している人には、おすすめ
な本です。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月15日

成功者の告白 神田昌典

成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)
著者:神田 昌典
講談社(2006-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
5年間の起業ノウハウを3時間で学
べる物語。

大きな成功
を実現していく過程では、
確実に障害が降りかかる。

短期間で急成長する会社経営者
多くの事例をみてきた結果である。

やっかいなのは、成長が加速すると、
家族問題が頻発する点だった。

成功者には影の部分があるのだが、
マスコミではほとんど触れられていない。

テーマは、ビジネスと家庭とのバランス
を取りながら、いかに会社をスムーズに
成長させるか、ということである。


学んだこと:
この本は、2年前に1回読みましたので、
2回目になります。

1回目に読んだときは、ただの物語として、
読みました。

今回は、起業、会社成長、家族などを
テーマにして読みました。

たしかに、サブタイトルにある通り、5年間
の起業ノウハウ
が詰まっています。

成功の裏側に隠れる、家族、子どもとの
問題、会社の中の人間関係
など、普通
なら表に出てこない話しです。

起業してからの集客、お客様獲得問題は、
起業人生において、ほんの初期のころの
であり、そのあとにもたくさんの壁がある
ことに気がつきました。

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月29日

週末起業サバイバル 藤井孝一

週末起業サバイバル (ちくま新書 811)週末起業サバイバル (ちくま新書 811)
著者:藤井 孝一
筑摩書房(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
大企業の正社員でも安泰ではない。

サラリーマンの置かれた現実は、これからも
きわめて厳しくなる


にもかかわらず、自分で稼ぐ力を持っている人
は、ほとんどいない。
自分の身を守るためには、「自立」するしかない。


週末起業とは

・会社を辞めずに
・お金をかけずに
・インターネットを利用して

おこなう起業。
時間給でもらうアルバイトとは区別している。


週末起業のメリットとは

1、やりがいが得られる
2、経験が得られる
3、お金が得られる


週末起業のデメリットは

1、始めるのが難しい
2、稼ぎを得るまでに時間がかかる
3、就業規則で規制される可能性がある


学んだこと:
今から7年前に発売された「週末起業」
重なる部分もありますが、内容は新しく、
時代に合う中身
になっています。

急に、週末起業に関する本が読みたくなり、
この本を選択したのですが、まだブログに
書いていないことを発見したので、早速
記事にしています。

時が経つにつれ、サラリーマンの状況は悪く
なるばかり
で、ますます週末起業が必要な
世の中になってきているような気がします。

サラリーマンでのんびりしている人、言い方
を変えると、仕事が忙しくて他に何もできない
が多いような気がします。


この本から得たひとこと:
雇われる生き方がリスクになった



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月27日

20歳のときに知っておきたかったこと ティナ・シーリグ

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
著者:ティナ・シーリグ
阪急コミュニケーションズ(2010-03-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
みなさん、手元に5ドルあります。
2時間でできるだけ増やせ!と言われたら、
なにをしますか?

スタンフォード大学で、実際に出した課題

リスクを取って大金を稼ぎたがる人
・宝くじを買う
・ラスベガスに行く

次によくあるのが、5ドルで道具や材料を買い
・洗車サービスをする
・レモネードスタンドを開く

大金を稼いだチームは、元手の5ドルに手を
つけていない
・週末のレストランに予約を入れ、この席を売る
 男性が予約、女性が声をかける方が上手くいく
 ことに気がついた


・学生会館の真ん中で、自転車のタイヤの空気圧
 を調べる。
 空気を入れた人から、寄付をもらうことにした

もっと違うところに目をつけたチームは
・学生のみんなの前で発表する時間に、
 学生を採用したい会社からお金を取り、
 その会社のコマーシャルを流す


学んだこと:
工夫しだい
で、稼ぐ方法はいくらでもあるんだ
と気づかされました。

実際に、大学で課題にだしているところが
面白く、興味が持てます。

勉強を教えるより、どうやってお金を稼ぐか?
を身を持って体験させた方が、将来的にも
役に立つ
のではないかと思います。


この本から得たひとこと:
10人いれば、10個の成功パターンがある

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月03日

会社は絶対、やめていい! 石井貴士

会社は絶対、やめていい!自由になれば、お金も幸せも手に入る会社は絶対、やめていい!自由になれば、お金も幸せも手に入る
著者:石井 貴士
PHP研究所(2004-12-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:

会社をやめていい4つの理由

・会社にいたら、自由がない
 給料が上がり、退職金がもらえる時代ではない
・あなたの幸せは、会社の幸せの延長線上にない
・サラリーマンは、頑張った先に、もっと頑張る必要がある
・超高齢化社会に、サラリーマンという職種は向いていない

サラリーマンの言い訳
・会社を辞めたら、食べていけない
 辞めて何もしなければ、そうなるだけ・・
・子供がいるから、会社を辞められない
 自分の情けない姿を、子供に見せるのか・・

会社をやめるときにの注意点
・独立前に、サラリーマンの友人に相談しない
・自分の人生の決断は、自分で行う

フリーターニートダメ人間のような扱いを受けるが、
うつ病になりながら、毎日嫌な仕事をしているサラリーマン
の方が、社会的にはよほど問題なのではないか?

大多数がしているからといって、あなたが同じ行動を
取る必要はない!


学んだこと:
会社を辞めると自由になるということを説明していて、
世間の一般論がおかしいということを指摘しています。

本当にその通りだと思います。

ただ、会社をやめて独立するための本だと思いますが、
再就職のことも書いてあり、ポイントがいまいちよく分かり
ませんでした。

世間はサラリーマンこそ王道みたいなところがあり、
著者の意見にとても賛同できます。


この本から得たひとこと:
給料が上がり、退職金がもらえる時代ではない!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索