講師

2010年12月23日

はじめて講師を頼まれたら読む本 大谷由里子

はじめて講師を頼まれたら読む本はじめて講師を頼まれたら読む本
著者:大谷 由里子
中経出版(2009-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
人前で話す機会があれば、そのときは
だれでも講師になる

講師は大きく3種類に分けられる。
・セミナー講師
・コンサルタント講師
・講演講師

セミナー講師
に必要なのは、いかにスキルや
知識
を分かりやすく教えられるか。

コンサルタント講師は、具体的な結果
求められることも多くなる。

講演講師は、知識やアドバイスのほかに
「感動」が求められる。


話しを広げるためには、ネタ帳を作って
おくことが大切。

あらゆる雑誌を読むことはもちろん、
電車でOLや高校生の会話などが、
とても役に立ったりする。

本気で講師をするなら、自分の姿を
ビデオに撮影してみる。


学んだこと:
相変わらず、吉本興業のお笑いネタ
引き合いに出していますが、内容はすごく
分かりやすいです。

他の本のように、セミナーを企画、開催
するための内容ではなく、人への伝え方、
ネタのつくり方、笑いのつかみ方
など、
実践で役に立つことが多いです。

一度、大谷さんのセミナーを聞いたことが
あるので、本の内容が頭に入りやすいですね。


この本から得たひとこと:
最初の3分に、まず本気になる!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月13日

90日で商工会議所から呼ばれる講師になる方法 東川仁

90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)
著者:東川 仁 著
同文館出版(2010-09-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
講師経験が浅いとき
は、下記順で慣れていくといい。

1、身内のみを集めた少人数勉強会
(経験を積むため)
2、外部の参加者を含めた少人数勉強会
(集客・告知・運営方法の基礎を知る)
3、無報酬でセミナーをさせてもらう
(有料レベルになっているかどうかの判定)
4、自主セミナーの開始
(企画書に書く内容の充実化)
5、商工会議所、エージェントへ売り込み
(講師として呼んでもらう)


高額セミナーに進むステップ

1、ターゲットにニーズに応える専門的セミナー
2、ワークショップ型セミナー
3、勉強会型セミナー


商工会議所、エージェント
から依頼される
講師になるには、この3つが必要

1、企画書
企画書は、あなたのセミナーのパンフレット
2、セミナーのクオリティー
10分くらいでミニセミナーができるように仕込む
3、実績
まだ、経験がないなら、実績を積んでから申込む。
10回以上あれば、認めてもらえる。
実績が、自主開催セミナーでも問題ない。


学んだこと:
商工会議所からよばれる講師になることが
テーマですが、セミナー講師になるための
初心者向け本
です。

まず、講師としての経験の積み方、企画書
の書き方、アンケートの活用の仕方
など、
講師を目指す人にはとても参考になること
ばかりです。

最近、講師ネタの本がたくさんありますが、
自分に合わない本もたくさんあったので、
リアル書店で内容を確認して、この本を
ピックアップしました。


この本から得たひとこと:
大切なのはセミナーではなく、「セミナー後の行動」

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月27日

だれでも一流講師になれる71のルール 茅切 伸明

だれでも一流講師になれる71のルールだれでも一流講師になれる71のルール
著者:茅切 伸明
税務経理協会(2010-03-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
セミナー
は講師料を稼ぎながら、自分自身の
プロモーション
ができる最強のツール

ブランド力のあるセミナー会社で講師として
ブランドを確率してから、自主開催するのが
王道。集客に悩まなくていい。

講師は主役ではない。
謙虚になること。

一流講師は、漫才、落語、実演販売員など
いろんな人から学んでいる。


学んだこと:
セミナー講師は、特に士業、コンサルタント
の人には、自分を売り込む最強のツール
ようです。

自分で主催するより、セミナー会社に登録
した方が、集客に困らないということに気づ
かされました。

集客が一番大変ですもんね。


この本から得たひとこと:
だれでも一流講師になれる!


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索