読書

2011年10月14日

ビジネス読書術講座「ゆる速」セミナー in 名古屋

だれでも2倍以上、必ず速く本が読める
読書術「ゆる速」



大手出版社で、出版会議まですすんだ本の企画
を初公開!


誰でも必ず身につけることができ、挫折しないための、
スピードを競わない読書法。


おそらく、受講後は・・・
・今より、2~3倍は速く本が読めるようになっています
・読書についての考え方が、大きく変わっています
・本が、たくさん読みたくなっています


スピードを競う速読に対して、スピードを競わない2~3倍
程度の速読法を「ゆる速」と命名しました。

この機会に、みんなでいっしょに読書しませんか?

申込み先は:
http://kokucheese.com/event/index/18181/


日時:2011年11月5日(土)
講座:10:00~17:00くらい
費用:5,000円
場所:名古屋駅徒歩5分 ヒューマンアカデミー


下記のような人は、特にオススメします!
・今までより、速く本が読めるようになりたい方
・久々に、じっくり本を読んでみたい方
・最近、本を読んでない方
・刺激を受けたい方
・フォトリーディングを受講しようか悩んでいる方
・フォトリーディングで挫折してしまった方







kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月25日

【ナゴマイ】マインドマップ読書術講座

名古屋マインドマップ普及会(ナゴマイ)
イベントのご案内です。


みなさま、お待たせいたしました!
ナゴマイイベント マインドマップ読書術講座
を、6/5(日)14:00~ 名古屋で開催します。

講師は、フォトリーディング9回受講の大岩 俊之です。

このブログの管理人の私です。



申込み先は、下記になります。↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/11667/


book1


当日は、読書のコツ伝授いたします。

2つのテーマに沿って、マインドマップを2枚
かいていただきます。

テーブルのメンバーに発表もしますので、他の
人が読んだ本の中身
も知ることができますよ!

同じテーブルのメンバー発表しあいますので、
プレゼンの練習にもなります。


・こんな方にオススメです。
♣最近、本を読みたくても読めていない方
♣読書マインドマップのかき方を知りたい方
♣他人のマインドマップをみて勉強したい方
♣読書会に参加したい方


申込み先は、下記になります。↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/11667/

たくさんの応募、お待ちしております。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月04日

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術 藤井 孝一

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
著者:藤井 孝一
販売元:日本実業出版社
発売日:2008-10-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


初めの頃に投稿した記事ですが、
読書について書かれている本です。

気になりましたので、もう一度紹介します。


内容:
この本の構成は、

・読書の効能
 
読書家のほぼ全員が、読書の大切さ
説いています。  
一番費用対効果が高いのが、読書。 
できる人が読書家である確率は、100%
だそうです。

・本の選び方
 
本を読むには、本の選び方が大変重要。 
特に、表紙のデザインに注目。 
オンラインショップのランキングは、あてに
ならない。

・本の読み方
 
読書量が半端でない人は、独自の読書法
あるみたいです。 
フォトリーダーも勉強になります。

・アウトプットの方法
 
書評に書くなど、他人に読まれることを意識
することで、文章の練習になるそうです。




kadenbook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月30日

本の読み方の変化3 出版を意識する 本との対話

本の読み方の変化3

10年以上前から、いつか出版したい!
と思っています。

出版で夢をつかむ方法出版で夢をつかむ方法
著者:吉江 勝
中経出版(2010-06-16)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


でも、現時点では独立起業して成功して
いる訳ではないので、ビジネスでの大きな
実績はありません。

しかし・・・
気持ちを抑えきれず、昨年末からとうとう
出版セミナーに通うことになりました。

これが、本の読み方に最大の変化
もたらしました。

出版するためには、出版社の人に企画書
を見てもらう必要があります。
(ちなみに、いきなり原稿はいりません)

そうすると、本を読む側ではなく、本を書く側
の視点
にならないといけません。

・まず、何をテーマにしよう・・
・ターゲット層はどうしよう・・
・自分のプロフィールとどう結びつけるか・・
・どうしてこの企画を考えたのか・・
・内容の概略は・・

徹底的に類書売れているビジネス書
初めて書いた著者の本など研究しました。

そんなことをしているうちに、
いろんな出版社の傾向や誰をターゲットに
しているか?
などが分かるようになりました。

今までのように本を読むのとは、全く感覚
が違います。

・この著者はどういう気持ちで書いたんだろう・・・
・本を書こうとした目的はなんだったんだろう・・・
・どういう経緯で、出版されたんだろう・・・
・発売元の出版社担当者は、この本のどこに
 目をつけたんだろう・・・
・一番言いたいことは、何だろう・・

本を1冊読むだけでも、かなり著者や出版社
と対話
をするようになりました。


これが、本当の本との対話だったんですね。


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モーティマー・アドラー
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



kadenbook at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

「20代」でやっておきたいこと 川北 義則

「20代」でやっておきたいこと「20代」でやっておきたいこと
著者:川北 義則
三笠書房(2010-07-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
20代はまだ未熟だから、経験を積む
しかない。

どんどん失敗を重ねた方がいい。

知っておくといい2つの法則
・自分に解決できない問題は、絶対
 自分に降りかかってこない
・問題の解決策は、思わぬ方向から
 やってくる

小さな成功体験
を積み重ねることで、
自信がつく

20代の読書量で、人生は決まる。
単行本、雑誌、週刊誌、新聞など何でもいい。


いまの就活は、就職情報雑誌や就活ビジ
ネス
業者
が創作したもの。
就職して正社員になることだけが目的はなく、
「雇われない生き方」も視野に入れてみる。

正社員になれないから、非正規社員という
考え方になってしまう。
いずれ独立するなら、非正規社員やパート
とう選択肢も出てくる。

非正規社員ワンランク下と感じる人が
多いが、選択の問題にすぎず好況になれば、
変わってくる。


学んだこと:
20代の人
に向けた、とても良い本です。
30代最後の私でも、勉強になりました。

仕事に関することが多いですが、人生の
教訓
みたいなことも書いてあります。

20代のときにもっと本を読んでおけば
よかったと反省
しています。

今の若者に、雇われない生き方も視野
に入れることをすすめるのは、とても
共感できました。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月25日

本を読む本 M・J・アドラー C・V・ドーレン

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モ−ティマ−・アドラ−
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
「本を読む本」は、読むに値する良書を、知的
かつ積極的に読むための規則
を述べたもの。


読書には、四つのレベルがある。


●初級読書…読書の第一レベル

「その文は、何を述べているか?」

読み書きの全くできない子供が、初歩の読み
書きの技術を習得
するためのもの。

どんなに高い読書力がついていても、この
レベルの問題をなおざりにして読書すること
はできない。


●点検読書…読書の第二レベル

「その本は、何について書いたものか?」

与えられた時間内に、できるだけ内容を
しっかり把握することが目的。

書物の表面を点検し、その限りでわかる
すべてを学ぶことである。

目次を無視してはならない。


●分析読書…読書の第三レベル

「なによりもまず、理解を深めるためのもの」

時間に制約のない場合のもっともすぐれた
完璧の読みかた。

本の内容に関し、系統立てて、いくつかの
質問
をしなければならない。

情報や娯楽の為の読書には、分析読書
は必要ない。


●シントピカル読書…読書の第四レベル

一つの主題について、何冊もの本を相互に
関連
づけて読むこと。

単に各テキストを比較するだけでは、
シントピカル読書として十分とは言えない。


学んだこと:
この本のテーマは、良書を読むためです。

この本が書かれたのはとても古く、1978年
4月
です。

その当時、本を読むのにここまで素晴らしい
内容
が完成していたかと思うと、驚きます。

フォトリーディングもこの本を参考にして
いるのがよく分かります。

フォトリーディングの参考文献として紹介
されていたのですが、3年経過して初めて
読みました。

何度も言いますが、「素晴らしい本」です。

読書に関する本では、NO.1だと思います。


この本から得たひとこと:
積極性の高い読書ほど、良い読書。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月20日

知的生活の方法 渡部昇一

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
著者:渡部 昇一
講談社(1976-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
知的生活とは、頭の回転を活発にし、
オリジナルな発想を楽しむ生活である。

読書の技術、カードの使い方、書斎の
整え方、散歩の活用、通勤時間の利用
方法・・・

ほんとうにおもしろいと思わないものを、
おもしろいなどというふりをしてはいけない。

「読んでよかったなあ」と本当に自分が
思った本を、自分の周囲に置くこと。
ときどき、それを取り出してパラパラと
読み返す
ことが大切。

新しく住居を探すときは、近くに散歩できる
場所があるかないか?
が重要なポイント。


学んだこと:
かなり古い本です。

この本を最初に読んだのは、20年くらい前
だと思います。

自分のテーマである、読書、散歩について
書いてあるのを思い出し、読み返しました。

非常に素晴らしい本です。

無理をしてでも、身銭を切って本を買う!
ことが大切のようです。


この本から得たひとこと:
無理をしてでも、身銭を切って本を買う!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月30日

アウトプット・リーディング 小林亮介

アウトプット・リーディングアウトプット・リーディング
著者:小林 亮介
マガジンハウス(2010-10-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
マガジンハウス 平城様より、献本
いただきました。
ありがとうございます。


仕事を効率的にこなすため、ビジネス書を読み
あさるようになった。

読書もアウトプットが大切。

・ノートによるアウトプット → すぐ挫折

・ブログの利用
 →本をまとめるのは、かなりのスキルと
  経験
が必要。
  更新が面倒で、継続が難しい。

・ツイッターの利用
 →誰もが手軽にアウトプットできる。

ツイッターは・・・
・本の感想や、気になった事をすぐアウトプットできる。
・他の人から意見をもらいやすい。
・読書記録をつけることができる。


学んだこと:
この本は、読んだ本の内容をアウトプットする
ため、ツイッターの効果的な使い方が書かれて
いる本だと思います。

私もツイッターを利用していますが、読書録は
ブログを利用しており、ツイッターに直接書評を
書いていません。
ただ、ブログを更新すると、ツイッター自動
投稿
されるようになっています。

知らなかったんですが、ツイッターに読書録
書いて、それをブログへ自動投稿する方法が
あるみたいです。
ちょうど、私と逆の使い方です。

この本にもあるとおり、ブログより、ツイッター
に書評を書いた方が気軽
だと思います。

誰でも、気軽に始められます。
140字にまとめるのは、非常に勉強になると
思います。

このブログも、読みやすくするため、あえて500字
程度に短くまとめるようにしています。


この本から得たひとこと:
ツイッターは気軽につぶやける!



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月17日

【イベント案内】10分間で本を読む読書会 in 名古屋

2011年1月15日(土)に、
「10分間読書会」
を開催したいと思います。

10分で本を1冊読むためには、今までと読み方を
変える
必要があります。

そして、本の中で、必要のない情報を捨てないと
いけません。

ポイント1:
10分間読書を体験することにより、確実に読む
スピードが上がります。


ポイント2:
本は、最初から最後まで読まなくていいことが
分かります。


ポイント3:
まとめた内容を、グループで各自発表しますので、
人前でプレゼンする能力が上がります。


ポイント4:
いろんな読書家が参加しますので、読書方法の
勉強になります。



●読書会の内容:
「10分間読書」

1冊15分の読書を
・前半 2回 → グループで発表
・後半 3回 → グループで発表

グループ内で、本を共有していただきます。

表紙、目次などを確認する時間 2分
ノートにメモする時間 3分
読書時間 10分

合計15分です。


●持物:
1、 「読みたい」と思う本2冊
2、筆記用具(色ペンなども)
3、A4の用紙かスケッチブック
4、ペットボトルのお水

●日時:
2011年1月15日(土) 14:00~17:00

●会費
1,500円は、当日集金いたします。

●参加者
どなたでも、OKです。

●主催者
フォトリーデングで、合計1,000冊を読破し、
フォトリーディング再受講を8回受講した
大岩俊之です。 


申込みはこちらです。
http://kokucheese.com/event/index/5773/


お申込み、お待ちしております。



kadenbook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月10日

本は10冊同時に読め! 成毛 眞

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
著者:成毛 眞
三笠書房(2008-01-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
「超並列」読書術
とは、場所ごとに読む本
を変え、1日の中で何冊もの本に目を通す
読書法である。

極端なくらいバラバラの本がいい。

一流の経営者は、みんなすごい本の量
読んでいる。

本を読む人間が、車の中に幼児を置き去りに
してパチンコ
したり、電車の中で平気で化粧
するとは考えずらい。

「使える金」は、すべて本に注ぐ。

「自分の価値」は、読書量で決まる。

本屋の立ち読みで、前書きと目次を読むだけ
でも、1冊の本を読むのと同じ効果がある。


学んだこと:
一般のビジネス本とは、少し違う内容でした。

違うジャンルの本を10冊並行して読むという
考え方には、なるほどーと感心させられました。

著者は、とにかく「ビジネス本」を読むことには、
否定的
です。
他人のノウハウを真似していては、一生「庶民」
のままだそうです。

久々に刺激を受けました。
「ビジネス本」以外も、本を読んでみたいと思い
ました。


この本から得たひとこと:
本を読まない人はサルである!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索