茂木健一郎

2010年11月02日

ひらめき脳 茂木健一郎

ひらめき脳 (新潮新書)ひらめき脳 (新潮新書)
著者:茂木 健一郎
新潮社(2006-04-15)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


フォトリーディング的に書いてみたいと思います。


この本を読む目的:

ひらめく脳のメカニズムを知りたい


フォトリーディング中


キーワード:

アハ!体験、ひらめき、ワクワク、シナプス、
ヘップの法則、記憶力、正解、前頭葉、無意識


この本への質問:

1.アハ!体験とはどういうものか? 

2.ひらめきやすい環境は?

3.ひらめくと、どういう良いことがあるか?


質問の回答:

1.アハ!体験とはどういうものか?
はっきりと分かる
気分が満たされる
神経細胞が活動する

2.ひらめきやすい環境は?
脳がリラックスしているとき
例えば、歩いているときや、仕事、作業で、
脳が自由に活動しているときなど 

いつ訪れるか?分からない
無意識に、常に耳を傾ける、対話する
普段の何気ない会話が重要

3.ひらめくと、どういう良いことがあるか?
記憶の定着が、強くなる


この本から得たひとこと:
ひらめきは、いつ訪れるか?分からない

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月27日

脳を活かす勉強法 茂木健一郎

脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
著者:茂木 健一郎
販売元:PHP研究所
発売日:2007-12-04
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


書名:脳を活かす勉強法
著者:茂木健一郎

内容:
最初は取り立てて秀才とは言えなかった茂木さんが、それぞれの学校で学年1位になることができたのか?
その過程において、いったい何が起こったのか?
勉強の仕方が分かったからだそうです。
勉強が面白くてたまらなかったからで、快感を味わうそうです。

脳を喜ばす方法をまとめると
1.ドーパミンによる強化学習によって、脳を強化する
2.タイムプレッシャーによって、脳の持続力を鍛える
3.集中力を徹底的に身につける

学んだこと:
何かを達成したときの喜びは、記憶にあります。ただ、いつもあるかと言うと、疑問です。
できそうもないことがクリアできると、ドーパミンが放出され大きな喜びが味わえるそうで、常に味わうには、120%くらいの負荷を加えていかないといけないそうです。でもなかなか負荷を加えるもの難しいですね。この本を読んでから、意識するようになりました。

あと、人からやらされたことは、全く喜びを感じないそうです。子供の勉強には、親が命令していてはダメなんだと実感させられました。

kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索