液晶

2011年02月22日

絶対ハイビジョン主義―これからが楽しいテレビ生活 麻倉 怜士

今日は、いつもとテーマを変えて、家電をテーマ
にしてみました。

ブログのタイトルは、
「家電好きフォトリーダーの読書日記」です。

タイトルのとおり、家電が大好きです。

よく、家電がテーマの記事はないのですか?
と聞かれたりします。


絶対ハイビジョン主義―これからが楽しいテレビ生活 (アスキー新書 68)
絶対ハイビジョン主義―これからが楽しいテレビ生活 (アスキー新書 68)
著者:麻倉 怜士
アスキー・メディアワークス(2008-06-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

進化が早く、家電雑誌などを記事にするのも大変
なのですが、今日は私の大好きな麻倉 怜士さんの
本を紹介します。

麻倉 怜士さんは、オーディオ・ビジュアル評論家
の大御所です。
(余談ですが、一度だけ某ホームシアターショップで
お会いしたことがあります)

この本は、2008年6月発売と古いですが、さすが
麻倉 怜士さんで、今読んでも役に立つ内容です。


●テレビの賢い買い方<基礎編>

液晶か?プラズマか?
(⇒は、私の意見です)

・液晶テレビのメリット
1、高精細化しやすい
⇒今では、37V型以上のほとんどは、きめが細かい
 フルHDと呼ばれるものになっています。

2、高画質化にさまざまな切り口でアプローチ
  しやすい
⇒たしかに1年位前から、LEDバックライト
 を使った省エネモデルが出てきていますね。

・液晶テレビのデメリット
1、動画に弱い
⇒2倍速、倍速と呼ばれる方式で、液晶テレビ
  の残像を軽減しています。
  ソニーは、4倍速を出しています。
  でも、完璧ではないですね。

2、コントラストが低い
⇒バックライトにLEDを使用するようになって
  から、飛躍的に性能が上がりました。

3、視野角が狭い
⇒各メーカーいろいろ工夫してますが、こちらも
 まだまだかもしれないです。


以前、大画面や映画派、スポーツ派プラズマ
言われてましたが、液晶テレビの技術がかなり
改善
れてきており、一概に言えなくなってきました。

家電量販店などの明るいところでは、液晶テレビ
の見栄えがかなり有利なので、液晶テレビが優勢
の傾向です。

ただし、店頭での見栄えは、自宅での見栄えと
違う
ことことを頭に入れておく。

この本が発売された約2年半前から、著者は、
「10年楽しむことを考えて、50型」
をすすめています。

今でも、その通りだと思います。

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索