2012年01月03日

みなさん、読書する本はどうしてますか?

2012年も3日目になりました。

お餅を食べ過ぎてませんか?

昨年は、5月ころまで書評ブログを
毎日更新
していました。
それ以降は、更新をサボリ気味です。

今だから暴露すると、毎日1冊の書評
は、正直大変でした・・

その反省もふまえて、今年は、書評を
書かない日にも、気になったこと
ブログに書いていきたいと思います。

突然ですが、
みなさん、読書する本はどうしてますか?

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

本の読み方の変化2 本をじっくり味わう

●本の読み方の変化2

昨日の続きになります。

ただ、たくさん読むだけ・・・
とにかく、短い時間で読む・・・
必要な情報だけ、拾い出す・・・

どれも、満足感の得られない読書でした。

そんなことから、じっくりと最初から最後まで
味わって本を読む
ようになりました。


松岡正剛
さんも下記の本で言われて
いますが、

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
著者:松岡 正剛
筑摩書房(2009-04-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


読書は、いつ読んだのか、どんな気分で、
どんな感受性のとき
に読んだのかという
ことが、密接にかかわってくる。

本当にその通りです。
そのときの環境によって、かなり変化します。

そんな訳で、1冊にかかる時間が長くなりました。

以前は、20~40分/冊くらい 
今では、1.5~2時間/冊で、何日かに分けてます。

それが、とても楽しい!
読書の醍醐味
がとてもよく分かりました。

難点は、ブログに毎日書くのがとてもつらい
ことです。

1冊の本を何回も読むこともあれば、何日にも
分けて読んだり
しているので、1日1冊という訳
にはいかなくなってしまいました。

まだ続きがあります・・・

kadenbook at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月28日

本の読み方の変化1 速読にはまる

本日は、本の読み方の変化について
ブログ記事にしたいと思います。

●本の読み方の変化1

速読にはまってから、とにかくたくさん
数量をこなすことばかり考えていました。

一時期は、1ヶ月で50冊くらい。

自分の中に、基礎知識を蓄えていく
には、とても良い習慣でした。

とにかく、数をこなすのが目的なので、
作者の気持ちを考えながら質問し、
読んでいたつもりですが、今思うと
全然分かってなかったですね。

しかも、本に書いてあることを実践する
こともなく、ひたすらたくさん読む。


速読とは、たくさん読むことだ!くらい
に思っていました。

ある日突然、何のために本を読んでいる
んだろう?
と考えるようになり、突然、
ゆっくり普通に本が読みたくなりました。

続きは次回・・・

kadenbook at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月25日

本を読む本 M・J・アドラー C・V・ドーレン

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モ−ティマ−・アドラ−
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
「本を読む本」は、読むに値する良書を、知的
かつ積極的に読むための規則
を述べたもの。


読書には、四つのレベルがある。


●初級読書…読書の第一レベル

「その文は、何を述べているか?」

読み書きの全くできない子供が、初歩の読み
書きの技術を習得
するためのもの。

どんなに高い読書力がついていても、この
レベルの問題をなおざりにして読書すること
はできない。


●点検読書…読書の第二レベル

「その本は、何について書いたものか?」

与えられた時間内に、できるだけ内容を
しっかり把握することが目的。

書物の表面を点検し、その限りでわかる
すべてを学ぶことである。

目次を無視してはならない。


●分析読書…読書の第三レベル

「なによりもまず、理解を深めるためのもの」

時間に制約のない場合のもっともすぐれた
完璧の読みかた。

本の内容に関し、系統立てて、いくつかの
質問
をしなければならない。

情報や娯楽の為の読書には、分析読書
は必要ない。


●シントピカル読書…読書の第四レベル

一つの主題について、何冊もの本を相互に
関連
づけて読むこと。

単に各テキストを比較するだけでは、
シントピカル読書として十分とは言えない。


学んだこと:
この本のテーマは、良書を読むためです。

この本が書かれたのはとても古く、1978年
4月
です。

その当時、本を読むのにここまで素晴らしい
内容
が完成していたかと思うと、驚きます。

フォトリーディングもこの本を参考にして
いるのがよく分かります。

フォトリーディングの参考文献として紹介
されていたのですが、3年経過して初めて
読みました。

何度も言いますが、「素晴らしい本」です。

読書に関する本では、NO.1だと思います。


この本から得たひとこと:
積極性の高い読書ほど、良い読書。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月24日

本調子 強運の持ち主になる読書道

本調子 強運の持ち主になる読書道本調子 強運の持ち主になる読書道
著者:清水 克衛
販売元:総合法令出版株式会社
発売日:2003-12-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


書名:本調子 強運の持ち主になる読書道
著者:清水 克衛、本田 健、七田 眞、 望月 俊孝

本のまとめ:


◆望月俊孝

夢をかなえる即効性のある方法
・ツイている人とつきあえ
・すでに成功している人のグループの仲間に入れ
・優秀な指導者から教えを受け、学べ

◆本田健

良書を持ち歩き、気分が落ち込んだとき、なんとなく
イライラしたときに、そういう本を取り出して読む。

◆七田 眞

偉人や成功者たちは、2つの共通項がある
・プラス思考であること
・読書家であること

 ◆ハイブロー武藤
なりたい自分になれる読書術
・自分の好きなタイプの書棚を備える
・本は買って眺めるだけでも意味がある
・気になった本は、迷わずどんどん買う
・好きな著者を持つ。その著者の本を、繰り返し読む。
・好きな言葉、好きな文章を書き記す


学んだこと:

共通することは、読書は大切ということでした。
私の読書を継続させてくれた、重要な本の一つです。
これからも、読書を継続していきたいと思います。


この本から得たひとこと:
日頃触れている本やテープ、そして人物で将来の
あなたが決まる!


kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月06日

世界一わかりやすい「速読」の教科書 斉藤 英治

世界一わかりやすい「速読」の教科書世界一わかりやすい「速読」の教科書
著者:斉藤 英治
販売元:三笠書房
発売日:2010-04-27
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

書名:世界一わかりやすい「速読」の教科書
著者:斉藤 英治

内容:

付属しているトレーニングCDを使用し、3倍速、4倍速、
10倍速
の順に毎日15分聴くことで、脳を活性化させ、
本を早く読めるようにするというものです。

速読耳トレーニング
と呼んでいます。

目を早く動かしたりする速読法ではありません。


学んだこと:

昨日の速聴のブログと関連していますが、私は4倍速の
音声データを毎日聴いていたことがあり、実際、本を読む
スピードが速くなりました


実は、フォトリーディングを習う前は、この方法を使用して
いました。

10倍速の音声データの効果については、まだ検証できて
おりませんので、検証できましたら投稿します。


この本から得たひとこと:
本を速く読むには、聴覚を刺激する

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月04日

ビジネス選書&読書術 藤井孝一

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
著者:藤井 孝一
販売元:日本実業出版社
発売日:2008-10-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

週末起業で有名な藤井孝一さんの本です。
本の選び方、本の読み方、めちゃくちゃ勉強になります。

書名:ビジネス選書&読書術
著者:藤井孝一

内容:

この本の構成は、

・読書の効能
 
読書家のほぼ全員が、読書の大切さを説いています。  
一番費用対効果が高いのが、読書。 
できる人が読書家である確率は、100%だそうです。

・本の選び方
 
本を読むには、本の選び方が大変重要です。 
特に、表紙のデザインに注目。 
オンラインショップのランキングは、あてにならない。

・本の読み方
 
読書量が半端でない人は、独自の読書法があるみたいです。 
フォトリーダーも勉強になります。

・アウトプットの方法
 
書評に書くなど、他人に読まれることを意識することで、 
文章の練習になるそうです。


学んだこと:

まだ、本の選び方が上手でなかった、1年前くらいに読みました。
今は本選びで、100%失敗することはありません。
昔は、失敗ばかりしていました。

特に、オンラインショップの他人の書評は、参考程度にした方が
いいと思います。

フォトリーディングでも習う、まず本を読む目的を決める。
そして、表紙や目次、まえがき、あとがき、著者のプロフィール
から、その本の内容を推測
することが大変重要です。

購入当初は、本の選び方を参考にさせてもらいましたが、今回
は、アウトプットの重要性が理解できました。

ちょうど、ブログにまとめるのも、どうした分かりやすいか?など
考えながら書いています。
それが、アウトプットの練習だったんですね。


この本から得たひとこと:
著者の言いたいことは、第1章か第2章に凝縮されている!

このことから、第1章から第2章まで読めば、本の内容を
ほとんど理解したことになりますね。

kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月15日

あなたもいままでの10倍速く本が読める 

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
著者:ポール R.シーリィ
販売元:フォレスト出版
発売日:2009-11-09
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

この本が、フォトリーディングについて書かれた本です。
最初に読んだのは、旧版でした。
旧版は廃刊となっているため、新版の紹介です。
明らかに、新版の方が読みやすくなっています。

書名:[新版]あなたもいままでの10倍本が読める
著者:ポール・R・シーリィー

内容:

フォトリーディング・ホールマインド・システムのやり方

・ステップ1 準備

  目的を明確にする
 
・ステップ2 予習
  文書をざっと見渡す
  目的に沿った価値があるかどうか検討する
  読み進めるかどうか検討する 
         

・ステップ3 フォトリーディング
  加速学習モードに入り、
  1秒で1ページページをめくる

・ステップ4 復習
  キーワードを見つける
  質問を作る


・ステップ5 活性化
  休息を取る
  スーパーリーディングとディッピング
  マインドマップを作る


他には、
集中するための、みかん集中法
加速学習モードに入るための、リラックス法
フォトリーディング応用した、シントピック・リーディング、
ダイレクトラーニングなど


学んだこと:

フォトリーディングとは、速読の1つですが、他の速読のように
目を早く動かす手法ではありません。

本を早く読むために、
1、本を読む目的決め、本の表紙やまえがき、あとがき、
  目次から本の内容を推測する。

2.本の情報を、意識ではなく、直接無意識に入れる。
3.無意識にいれた情報を、意図的に取り出す。

簡単に言うと、これが、フォトリーディングの手法だと思います。

私は、3年前にフォトリーディング集中講座を受講し、再受講も
計7回ほど受講しています。

鏑木インストラクターに、100冊300冊の壁があると聞いて
いました。300冊を超えるとだいぶ違うよ!」とのことでした。

本当に、300冊を突破したとき、何か突然つかんだ感じです。


これも、鏑木インストラクターのおかげですね。
鏑木インストラクターのフォトリーディング講座はこちら


マスターしての効能としては・・
・本が早く読めるようになった
・視野が広がったのを、運転中に気がついた
・人と話しているうちに、突然本の内容を思い出した(何度も)
・本を選ぶのが上手くなった
・店で買う物を探すとき、全体を見ると浮かび上がってくる
・頭の回転が良くなった
などがあります。


この本から得たひとこと:
本を読む前に、表紙や目次を見よ!

kadenbook at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年07月13日

これからの意気込み

本を読むときは、3年前に習得した、フォトリーディング
という手法を使っています。
簡単に言えば、速読法です。

3年間で約800冊ほど本を読んでおり、せっかくなので
今まで読んだ本、これから読む本などを紹介していきたい
と思います。

実際、1年半は挫折していたので、残りの1年半で800冊
読んだことになります。

主に、ビジネス書、成功本、自己啓発本です。



kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索