勝間和代

2011年07月22日

断る力 勝間和代

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
著者:勝間 和代
販売元:文藝春秋
(2009-02-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「断る力」を身につけよう。

単に人からものごとを頼まれることを
断る
だけでなく、日本独特の「空気を読む」
「その場の雰囲気」「無言の圧力」
などにも
断る力を身につける。

勝間和代さんも、もともとは断れる人では
なかったようです。

拒否する力を身につけたと確信したのは、
34歳で初めて離婚を経験したとき。


続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100 神田昌典 勝間和代

10年後あなたの本棚に残るビジネス書10010年後あなたの本棚に残るビジネス書100
著者:神田 昌典
ダイヤモンド社(2008-10-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
経営コンサルタントの神田昌典さん、経済
評論家の勝間和代さんが、おすすめの本
を紹介しています。

今では人気に陰りが見えてきましたが、
この本が発売された2年くらい前は、この
お二人は全盛期だったかもしれないですね。

両者とも、フォトリーディングのインストラクター
でもあります。


◆主に紹介されている本を、ピックアップ。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
著者:サミュエル スマイルズ
三笠書房(2002-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

王道となる行動を知りたいときに・・・
この本の8割が実行できれば、成功しない方が
おかしい。




「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
著者:ジェームズ アレン
サンマーク出版(2003-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「美しい言葉」で自分の精神を顧みたいときに・・・



7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
著者:スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版(1996-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

日常生活の隅々までわたる、良い習慣を
身につけたいときに・・・



ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
著者:ジェームズ・C. コリンズ
日経BP社(2001-12-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

自分の才能を企業で最大限生かす指針として・・・




さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
日本経済新聞出版社(2001-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

自分の強みが何か知りたい人・・・




イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
著者:クレイトン・クリステンセン
翔泳社(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

優秀な企業の正しい行動が、間違った結果
になる理由を知りたい人に・・・



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月21日

女に生まれたら、コレを読め マル活必勝法 勝間和代

女に生まれたら、コレを読め ~○活必勝法~女に生まれたら、コレを読め ~○活必勝法~
著者:勝間 和代
扶桑社(2010-06-10)
おすすめ度:2.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:

【就活】
日本は、幸福感が97国中43位である。
学生が一番幸せで、そこから年齢と共に下降している。
これは、長時間労働が原因。

就活は、基本的には不公平。
過去の統計で差別がされている。
例えば、
女性より男性の方が勤続年数が高い。
一流大学卒業の方が、業績がいい。


【住活】
独身女性は、ローンで住まいを買わない。
転職しにくい、通勤の自由度が低い。
そして、結婚のとき、1LDKでは狭く、お荷物になる。

【日本活】
お上性善説があり、お上が上手くやってくれる
などの考え方はNG。
個々で自分で考えないといけない。


学んだこと:
婚活、恋活、美活は別として、特に就活に関しては
なるほどなーと感心させられました。

日本の働くシステムは、本当に不公平だと感じます。

ズバリと日本のおかしなところを指摘しているところ
には、共感がもてます。

ただ、この考えは、ムダを排除しすぎて、ついていけない
人もたくさんいるんではないか?と思いました。


この本から得たひとこと:
日本の幸福度は、年齢と共に下がる!



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月17日

勝間和代の日本を変えよう 勝間和代

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
著者:勝間 和代
毎日新聞社(2008-09-27)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


内容:

現在は、若者よりも、高齢者の意見が通る時代
「数」が物をいう

職場の上司から学べなくなってしまった。
経済は成長するものという上司世代に身についた感覚。

育児休暇も取れないようなひどい会社には、人が就職
しないようにならないと、変わらない。

日本は、貧困に冷たく、1回貧困になると抜け出せない。
30代の派遣社員がすごく多い。
正社員で今ひとつの人たちの給料を下げて正社員化
をしないといけない。

無意識のうちに女性は差別されている。
子育てが一段落した、35、40歳では、いい働き口はない


学んだこと:
勝間和代さんのテーマで、印象深いのは
・正規雇用、非正規雇用の均等待遇
・終身雇用を考えなおし、柔軟な雇用体制
・総労働時間を規制する

正社員時代には、残業代もなく長時間労働しました。
派遣社員時代では、社員と同じ仕事をしながら、かなり
低い待遇
でした。

女性の立場から考え、社会のおかしいところを
指摘していますが、男性の立場からも共感できます。


この本から得たひとこと:
日本を変えて、自分にとって快適な環境を作る

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月21日

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 勝間和代

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
著者:勝間 和代
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-04-05
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

内容:
幸福の経済学
では、年収1,500万円までは、年収が
上がると、幸福度が上がるそう


幸せになりたいのなら、年収を上げること。
年収を上げるには、年収増につながる勉強をする。

そして、勉強をするのは、格差社会を生き延びるため。

その中のメインテーマは:

書斎を持ち歩く
・ノートパソコン
・マインドマップ
・速読術(フォトリーディング)

・MP3プレーヤー
・親指シフト

勉強方法としては:

・先達から、勉強の仕方をしっかり聞く
・アウトプットを重視する(過去問題集、模擬試験など)


学んだこと:
この本は、速読法であるフォトリーディングが普及
したきっかけとなっています。

発売から3ヵ月後の2007年7月に、フォトリーディング
集中講座
を受講していますが、参加者の80%は、
この本がきっかけとなったと言っていました。

参加者の間であまりにも人気本だったので、慌てて
購入したのを覚えています。

結果的には、フォトリーディング、マインドマップ
身につけてしまいました。
実際、非常に役に立っていますので、この本に書いて
ある内容も嘘ではないです。


この本から得たひとこと:
幸せになりたかったら、年収を上げる!

kadenbook at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月12日

年収10倍アップ時間投資法 勝間和代

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
著者:勝間 和代
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-10-12
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

勝間和代さんの初期の頃の本です。

書名:無理なく続けられる 年収10倍アップ時間投資法
著者:勝間和代

内容:

「投資時間法」

・より少ない時間で同じアウトプットを出すために、 
 どういう仕組みをつくればいいか?

・中長期的な視点から、何に時間を投資しておくべきか

「どうやって時間を有効に使って余裕のある生活をするか?」

時間管理とは「やることを減らす」こと

強調しているポイントは・・


・長時間勤務しない

長時間労働しかくても利益の出せる職場を選ぶ!
究極的には、出世して労働時間の裁量を持つ立場になるか、
独立して事業を行う気概が必要。

・飲み会などの誘いは断る

・交流会は、自分で主催しないと投資効率が悪い
・お酒、タバコはやめる


学んだこと:

勝間和代さんの本は、何冊か読みましたが、つい最近まで
あまり好きではありませんでした。

久々に読んでみると、無駄の省き方がすごい!
そして、長時間労働の排除をしきりに強調しています。

現代社会のおかしなところ
が指摘されており、意外に まとも
なことが書かれている
ことに気づきました。

この本から得たひとこと:
長時間労働は、私たちのワークライフバランスを壊し、晩婚化
少子化を加速させ、うつ病を多発させる大きな原因


kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月17日

さあ、才能に目覚めよう マーカス・バッキンガム

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2001-12-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

自分自身を知るには最高の本です。

本に、アクセスIDが付いており、Web上で1回だけ
テスト(約40分)をすることができます。

そして、5つの強みを知ることができます。
ただし、中古本はNGです。

いろんな、フォーマルアセスメント(標準化されたテスト)
を受けましたが、古いものばかりです。

ストレングスファインダー
(5つの強み)が一番経済的で、
自分が理解できる非常に良くできたテストです。


内容:
人はすぐれた能力を持っています。
その能力を34のパターンに分類しています。

34の強みとは:

アレンジ、運命思考、回復志向、学習欲、活発性、
共感性競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、
コミュニケーション最上志向、自我、自己確信、社交性、
収集心、指令性慎重さ、信念、親密性、成長促進、
責任感、戦略性達成欲、着想、調和性、適応性、内省、
分析思考包含、ポジティブ、未来志向、目標志向


学んだこと:
コーチングを受けていたとき、コーチからすすめられた本です。
ストレングスファインダー(5つの強み)を知ることにより、
自分自身の強みを知ることができました。

2年半前にテストしましたが、
結果は、
1.個別化、2.社交性、3.調和性、4.最上志向、
5.未来志向

順番も関係あります。

私は、人に対して、それぞれ違う接し方をしますが、誰に
対しても同じ接し方をする人もいます。
それは、この個別化があるかないかの違いみたいです。
これを知り、妙に納得しました。

あとは、人と接するのが好き(社交性)常に上を目指して
いる(最上志向)
先のことばかり考えている(未来志向)
すべて当たっています。

経済評論家の勝間和代さんの本の中でも、自分自身を
知るための本として、何度も紹介されています。

テスト料金は、本代だけしかかかりませんからね。

セミナーに参加すると、自己投資の意識が高い人がたくさん
います。
その人たちとの会話の中で、このストレングス・ファインダー
(5つの強み)で、お互いを紹介しあったりすることもあります。

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索