億万長者

2011年04月02日

普通の人がこうして億万長者になった 一代で富を築いた人々の人生の知恵 本田 健

普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵 (講談社+α文庫 (G166-1))普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵 (講談社+α文庫 (G166-1))
著者:本田 健
講談社(2008-04-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
年間1,000万円以上の税金
を納めた
高額納税者に、アンケートを実施。
年間3,000~4,000万円以上の収入。

これらの人は、0.56%しかいなく、お金
持ち同士でつながるため、身近に億万
長者
がいない
ことがほとんど。


●億万長者に見られる人生の特徴

1、好きなこと、得意なこと、喜ばれること
  を仕事にすること

2、誠実なこと、健康なこと

3、運がいいこと

4、危機を乗り越える力があること

5、人に応援されること

6、メンターがいること

7、パートナーといい関係を持っていること

8、子供の教育を独特に考えていること

9、長期的な視野をもつこと

10、決断を上手にすること


コメント:
自分の環境
によって、つき合う人は
変わってしまいます。

まだまだサラリーマンの人との付き合い
が多いですが、ほとんどの人は子供を
良い大学
に入れ、大企業に入れようと
必死
です。

あるセミナーの仲間は、全員経営者なの
ですが、特に経営コンサル系の人たちは、
口をそろえて、サラリーマンが一番危険
な職業
だと言います。
会社をリストラされたら、自分で稼ぐ能力が
ない
からだそうです。

不思議です。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月20日

億万長者 専門学校 クリス 岡崎

億万長者 専門学校億万長者 専門学校
著者:クリス 岡崎
中経出版(2008-06-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
著者のクリス岡崎さんは、世界NO.1の
成功コーチである、アンソニー・ロビンス
から認められた唯一の日本人。

億万長者とは、「10年あれば何度でも
1億円つくり出す能力を持っている人」


億万長者になるためのルール

・すべてのことを「自分の責任」にする

・たいていのことは、10年間努力した
 あとに達成
する

・お金持ちになりたかったら販売のこと
 を学ぶ。フルコミッションで働いてみる。

・他人の力を利用する。
 お金、才能、時間、名前、客など。


学んだこと:
1億円という金額が現実離れしているかも
しれませんが、中身は勉強になります。

TUTAYAのDVDを見ましたが、とても
面白いセミナーでした。

身振り、手振りで感情をコントロールして
いく感じです。

テンションがものすごく高いので、ついて
いけるのかなーと少し疑問に思いました。


下記の本も一緒に読むと、理解が上がる
と思います。


億万長者 富の法則億万長者 富の法則
著者:ロジャー・ハミルトン
中経出版(2009-04-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月14日

学校で教えない億万長者の授業 鳥居 祐一

学校で教えない億万長者の授業学校で教えない億万長者の授業
著者:鳥居 祐一
中経出版(2007-12-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
ある人と知り合いたいと思ったら、まずは
その人のビジネスの「お客さん」になること。

顧客になるためには、その人の本を買って
全部読む、CD、DVDを聞く、セミナーに
出席する
など。
感銘を受けたら、言葉にして伝える。

あまりにも多いメールや手紙をもらうと、
すべての人を覚えていないと思われる
かもしれないが、忙しくて返事をかけない
ことはあっても、全部に目を通してチェック
して覚えている。

人脈を作るうえで、オリジナルの名刺
もつこと。

会社から支給された名刺を使うのは、
タブー
です。どんなに大企業だろうと、
部長、課長でも関係ない。

自分のオリジナル肩書きで印象を残す。
・夢実現プロデューサー
・セミナープロデューサー
・成功ナビゲーター
など・・・

●メールアドレスは、携帯ではなく、PC用を。
●起業されている方は、フリーメールではなく、
 独自ドメインのメールの方がいい。
●写真もあると、思い出してもらえる。
●規格外のサイズは失礼なので、使用しない。


学んだこと:
その人の顧客になってみる
という考え方は、
とても大切だと思いました。

気に入った人の本は、何十冊あろうとすべて
読んでいます。

昔は、有名人の名刺をもらいたくて、長蛇の列
にならんで、名刺交換をしてましたが、今思うと
相手に印象が残ることはないですよね。

顔写真入りの名刺を考えてみようかな。

勤務先の名刺をもらうことも多々ありますが、
その人が経営者でない場合は、どう連絡を
したらいいか?いつも困ります。

オリジナル名刺は大切ですね。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索