マック

2010年12月12日

Mac People (マックピープル) 2011年 01月号

Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス(2010-11-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

R+(レビュープラス)から、Mac People(マック
ピープル)1月号の献本が届きました。

ありがとうございます。

【内容】
特に気になった記事を紹介したいと思います。

●MacBook Air 最適化&カスタマイズガイド

毎回見るたびに、欲しくなってしまいます。
キーボードの使い勝手やUSBポート、SD
カードスロットについて説明されている。

無線LAN、Gmail、パフォーマンスなどに
ついても

●実感!有料サービスの価値

ウェブサービスやオンラインウェア、iPhone
アプリの、無料版と有料版と何が違うのか?
を厳選して紹介

iPhoneユーザーとしては、かなり参考に
なりました。

・Evernote
テキスト、画像、音声、動画などのファイル
をサーバー上に蓄積できるドキュメント
管理サービス

無料版:1ヶ月に40MB
有料版:1ヶ月に500MB

他にも、有料版はファイル形式の制限が無制限
であったり、セキュリティーが暗号化されていたり
と、有料版がすぐれている様子。

・Amazon
2010年11月から配送料が無料になった。
年額3,900円で、Amazonプライムに入会
すると、

お急ぎ便:注文の翌日に届く
当日お急ぎ便:注文の当日に届く

注文してからのタイムラグが気になる人には、
おすすめかも。
まだ、私も入会してません。

・乗換案内Plus 
 料金は、600円/90日。

 無料版にはない機能として、経路検索の結果、
 時刻表閲覧の履歴を50件まで保存可能。 

・Echofon Pro for Twitter
 600円

 相手のクライアントやウェブ環境に関係なく、
 関連ツイートやメッセージの到着を知らせて
 くれる。

どちらも、無料版しか使ってない・・


●ビギナーのためのストレージ入門

私は、このあたりの知識には自信がありま
すが、パソコンを購入検討しているビギナー
には、とても勉強になると思います。

SSDとハードディスク(HDD)の説明や、
比較がいろいろされています。

・SSD
ハードディスク(HDD)に取って代わる
フラッシュストレージ

今までのHDDと使い方は同じですが
利点としては・・・

読み込みスピードが数倍早い
故障しにくい
バッテリー消費量が少ない

NAS、パーティション、RAID、フォーマット
などが説明してあり、パソコンを使う上で
知っておいて特をする知識だと思います。



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月08日

Mac People(マックピープル) 12月号

Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]Mac People (マックピープル) 2010年 12月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス(2010-10-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

R+(レビュープラス)から、Mac People(マック
ピープル)12月号の献本が届きました。


実は、つい最近まで、マックユーザーではあり
ません
でした。

流行についていくため、つい先日携帯電話を
iPhone4に変えたばかりです。

今では、スケジュール管理、ツイッター、体重
管理、3Dアプリ
など、はまっています。

そして、初めてiPod(iPhone4の機能)を使って、
セミナー中に音楽を流してみました。
いまさらですが、とても便利!
(また、ラジカセを持っていくつもりでした・・)

そんな訳で、Mac People(マックピープル)
12月号
は、とても役に立ちました。


【内容】
特に気になった記事を紹介したいと思います。
電子部品メーカー、パソコンメーカーにいたので、
かなり気になる記事が多かったですね。

●アップル革新プロダクト

Mac OS X Lion
次期Mac OSが来夏ころ発売
iPhoneで使用されているiOSのような、
タッチパネル、フォルダ機能が搭載。

Mac App Store
来年初頭にリリース
アップルが運営するアプリケーションの
オンラインストア。

新MacBook Air
11インチと13インチ
ハードディスクではなく、SSDを搭載
特に、11インチはネットブックとは違い、かなり
操作性が高い模様。
それにしても、この薄さは魅力です。


●MacPeople 15年の軌跡
この雑誌が、15年も前から発売されていた
ことに驚きました。

MacPeopleの移り変わりとともに、Apple製品
も年代別に紹介されています。
インテルCPUを採用したころから、有名になって
きましたね。
実は、この辺りから、Apple製品気になってました・・


●「FREE」で快適マックライフ
ここで紹介されているフリーソフトは、付属しています。

・オンタイム
 ビジネスの現場で、メンテナンス、各種操作、
 情報収集、バックアップなどのソフト

・オフタイム
 休みの日をのんびりすごすための
 写真修正、お絵かき、動画ソフト


●iPhone通信
もっともっとiPhoneについて知りたいので、
アプリについては、かなり興味を持ちました。

iPhoneコーナーでは、撮影を楽しくする
カメラアプリが紹介。
早速、いくつか試してみました。

標準アプリ「カメラ」のテクニックも書いてあり、
勉強になりました。

iPadコーナーでは、電子書籍ビューアー
がいくつか紹介。
本好きなので、気になります。
iPhoneの画面は小さいので、やはり
iPadでの使用の方が向いてますね。


学んだこと:
Macファン
にはもちろんですが、私のように
Apple製品詳しくない人間でも、楽しむこと
が出来ました。

iPod、iPhoneを持っている人は、多いと思います。
これらの便利性と、Macパソコンが融合して
いく世の中になるんだなーと実感させられました。

ネットブックより、新MacBook Airが欲しくなりました。

このMacPeopleを読んだら、かなりApple製品
のファンになりました。




kadenbook at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索