ブランド

2011年03月09日

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる 鳥居 祐一

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居 祐一
ダイヤモンド社(2008-12-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
起業するにあたって、まずブログやメルマガ
を継続して書くことを推奨している。

ブランドは影響力であり、信頼であり、価値
なのです。

しっかりとブランドが確立されれば、ビジネス
で最も重要な「信用」も創造できる。

個人がブランディングを行えば・・
①信用力がアップする
②人脈が広がる
③情報が集まってくるようになる
④仕事が向こうからやってくるようになる
⑤価格競争に巻き込まれなくてすむようになる
⑥メディアに取り上げられるようになる
⑦出版できる可能性がある

そして、ブランディングのステップは・・
1、肩書きを考える
2、プロフィールを作る
3、ブログやメルマガを始める
4、ホームページを作る
5、勉強会やセミナーを開催する
6、小冊子などで情報提供する
7、出版する

他には・・
・本名を必ず出す
・顔写真も必ず出す
・有益な人脈を作るのは、時間がかかる
 (異業種交流会より出版記念パーティーがいい)
・出版は、出版した後の方が大切
 (自分で営業する必要がある)


学んだこと:
2年くらい前に発売された本なので、媒体は
ブログ、メルマガが中心となっています。

今では、ツイッター、Facebookなどに
なるのでしょうが、今でもブログ、メルマガ
は、重要な役割を果たしていると思います。

ベストタイミングで、自宅の本の倉庫で、
偶然目に入りました。

2年くらい前に読んだときは、なるほど~
と思いましたが、ブログやメルマガをする
訳ではなく、あまりピンときませんでした

現在は、自分のブランド確立中で、毎日
更新しているこの書評ブログ、ツイッター、
Facebookなどを活用
しています。

やはり自分が必要になった時に、必要な
情報が目に入る
んでしょうね。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月27日

だれかに話したくなる小さな会社 浜口隆則、村尾隆介

だれかに話したくなる小さな会社だれかに話したくなる小さな会社
著者:浜口 隆則
販売元:かんき出版
発売日:2008-09-22
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

書名:だれかに話したくなる小さな会社
著者:浜口隆則、村尾隆介

内容:

会社には、2つの矢印が存在する。
内向きの矢印と、外向きの矢印

内向きの矢印を持つ会社は、とてもハッピーな会社で、
「ブランド会社」と呼ぶ。

お客様の方から探しに来てくれる会社


ミュージシャンのビジネスモデルと同じように、
 「お客様でなく、ファンがいる」


学んだこと:

お客様の方から探しに来てくれる会社 というのは、
とても素晴らしいと思います。

内向きの矢印
を持つ会社を作るのは、とても大切
なことだなーと実感しました。

将来、会社を作るときには、教訓にしたいと思います。


この本から得たひとこと:
ブランド会社には、お客様でなくファンがいる

kadenbook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索