ブラック企業

2011年01月09日

ブラック企業、世にはばかる 蟹沢孝夫

ブラック企業、世にはばかる (光文社新書)ブラック企業、世にはばかる (光文社新書)
著者:蟹沢 孝夫
光文社(2010-04-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
世間一般には、いい大学に入れば、いい
会社に就職
できて、高収入が得られる
信じられている。

これは、あくまで確率・統計的上のもの。
ブラック企業に勤める例外もたくさんある。

ブラック企業(職場)を、3つに定義している。

1、肉食系ブラック職場
ひどい仕事量、勤務時間、職場の雰囲気の
中で働かせ、適正な賃金が支払われない。
心身ともに疲れ、長く続かない。

2、草食系ブラック職場
やること自体は比較的ラクで、待遇もよくない
が、その気になれば長く勤めることもできる。
こうした仕事を続けていると、人生において
大切な時間や将来を奪われてしまう。

3、グレーカラー職場
世間的には、勤務条件、職場環境に恵まれ、
優秀な大学の就職先として認知されているが、
実情はブラックだった。

学んだこと:
こうしたブラック職場を作り出しているのは、
その企業の経営者が悪いのではなく、今の
日本の雇用環境が問題だと分かりました。

働かない社員でも、解雇できないなど。

日本の超一流(勝ち組)企業に勤める人や、
その人たちの高い給料を守るために、単価
をかなり安くして、下請け企業に外注している。

そのような外注企業が生き残るためには、
社員を安い給料でこき使うしかない。

そして、転職回数や年齢によって、どんなに
実力のある人でも制限されてしまう。
働き先がないため、ブラック職場で働くしか
なくなってしまう。

人材流動化を阻む企業の採用慣行を変えて
いくしかなさそうです。

受験には最チャレンジの機会があるのに、
就職は新卒時に失敗すると、リベンジの
機会がない
のも問題です。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月10日

その会社、入ってはいけません! 藤井哲也

その会社、入ってはいけません! ダメな会社を見分ける50の方法その会社、入ってはいけません! ダメな会社を見分ける50の方法
著者:藤井哲也
ソシム(2010-02-17)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
就職、転職
するときに、非常に参考になる本を
見つけました。

ダメな会社を見わける50の方法が書かれています。

その一部を抜き出すと

【求人情報編】
・社員数にくらべ、求人数が多い
・入社2年以内の離職率が目立っている
・会社外観の写真が実際の建物と異なる
・ネット上で悪口の書き込みが多い

【企業訪問編】
・トイレや倉庫など目に見えないところが汚い
・営業成績や社訓を貼っている

【インターンシップ編】
・管理職のファッションがださい
・OJTで新人をほったらかす

【面接編】
・面接を1回のみで済ませる
・ここ1、2年のうちにリストラを実施している
・労働組合が強すぎる
・学歴差別をしている


学んだこと:
私は、就職活動は超氷河期(バブル崩壊後)で、転職
は数回しました。

入社後ひどかった会社や、面接時に疑問に思った
会社
は、この本に書いてあることが当てはまって
いました。

自分でもそれなりの見わけ方をもっていますが、
なかなか体系的にまとめられている本だと思いました。

就職活動、転職活動をしている人は読んでおいた
ほうがいいと思います。


この本から得たひとこと:
平均年齢が若すぎる会社にも注意する!



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月03日

人生を無駄にしない会社の選び方 新田龍

人生を無駄にしない会社の選び方人生を無駄にしない会社の選び方
著者:新田 龍
販売元:日本実業出版社
発売日:2009-09-26
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

キャリアについて調べていたとき、面白い本に出会いました。
主に、ブラック企業に関してのことが、書いてあります。

書名:人生を無駄にしない会社の選び方
著者:新田龍

内容:

働いても報われない会社「ブラック企業」に関する内容です。

「ブラック企業」
とは・・
劣悪な労働環境で、賃金に見合わない肉体的・精神的負担
を従業員に強いる、反社会的な存在の企業

・ハードワークで、長時間労働、サービス残業が日常的
・休日がない、もしくは休みにくく、休日出勤も常態化
・その割りには給料が安く、残業代の出ない
・営業ノルマが非常に厳しく、常にプレッシャーにさらされる
・離職率が高い(大量採用、大量退職)

・会社の諸経費を社員が自腹を切り、会社に請求できない
・軍隊的な社風で、上司、先輩の指令が絶対的

そんな「ブラック企業」に、なぜ入社してしまうのか?

・そもそも調べていない  
そもそも求人情報は、会社側の都合のいい情報だけが
発信されている

・良識的な判断がアダとなる
 
マイナスな情報について、人の意見に左右されるか?
自分は自分と勘違いしてしまう。

・妥協してしまう
 
内定がもらえず、就職活動に疲れてしまい、ブラック企業
と分かっていても、そこに入社してしまう。

このような理由があるそうです。


学んだこと:

私も超氷河期に就職しており、まわりもかなり苦労しました。
友人や知り合いのほとんどが、転職しています。

いろんな人の相談を受けたり、話を聞いていたり、営業先が
ブラック企業だったり、自分で何回か転職を経験したりで、
私なりの定義もありました。

この本は、それらの内容が分かりやすく書かれています。

ブラック企業
に入社して、すぐ辞めた人が何人もいます。

ただ、ブラック企業に入社して辞めない人もいますし、
転職して出世した人も一部います。

その会社に合う?合わない?というのは人それぞれですが、
一般的に常識のある人は、ブラック企業は合わない人が
多かったです。

ブラック企業を経験することにより、その次に入る会社に
恵まれている人が多いですね。

どん底を経験すると、人間の器が大きくなるみたいです。

ブラック企業
について、いろいろと学ばせてもらいました。


この本から得た名言:
求人情報、ホームページ、会社説明会など、会社側が
一方的に発信した情報だけで判断するのは、危険である。


kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索