ビジネス

2010年12月02日

ビジネス用語の常識・非常識 水野俊哉

ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)
著者:水野 俊哉
双葉社(2010-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容
ベストセラービジネス書で、頻出の知識が
この1冊にまとめられている。

主なテーマは、下記6つのジャンル
・行動経済学
・自己啓発、成功哲学
・ビジネス実務用語
・脳科学、勉強法
・起業、投資
・ベストセラービジネス書

特に気になった用語は

「サンクコストの過大視」
⇒人は先行投資してしまうと、過去に投資して
 しまった額に影響され、さらにマイナスになる
 と分かっていても、追加で投資してしまう。

「ハインリッヒの法則」
⇒1つの重大な事故の裏には、29件の軽い
 事故
があり、さらにその裏には300件の
 ヒヤリとしたり、ハッとするようなうっかり
 ミス
が存在する

「社会起業家」
⇒主に、利益追求のためではなくよりよい
 社会にするため
にビジネスをスタートする
 人々のこと。事業として成功することにも
 価値を置いている。
 

学んだこと:
用語のジャンルで、自己啓発、成功哲学、
起業、ベストセラービジネス書
などをピック
アップしているのが、いかにも水野さんらし
いですね。

これだけの用語(約400)を解説するには、
この何倍、何十倍の本を読まないといけ
ないので、かなりの力作だと思います。

普段、ビジネス書をたくさん読みますが、
あらためて用語として目にすると、また
違った感覚がします。

そして、分野によってはあまり分からない
用語が多かったり、少なかったりで、
得意分野、苦手な分野が発見できました。

あまり、ビジネス書を読まない人にも
勉強になる本だと思います。


この本から得たひとこと:
ビジネス用語は、現代日本人の必須言語!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月06日

一流になる力 小宮一慶

一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)
著者:小宮 一慶
販売元:講談社
発売日:2009-06-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

フォトリーディング的に書いてみたいと思います。

 
この本を読む目的:
 一流になる方法を知りたい


フォトリーディング中


キーワード:

一流、年齢、経営者、プロ、企業、実力、ビジネス、
会社、幸せ、好き、お金、転職、勉強、チャンス


この本への質問:

1.どうして一流にならないといけないのか? 

2.一流になるために、必要なことは何?

3.どういう勉強をしていけばいいのか?


質問の回答:

1.どうして一流にならないといけないのか?
・世界の垣根がなくなり、同一労働、同一賃金になっていく。
・21世紀は知の時代。しかし、1万人いる大企業でも、出る杭
 は打たれるので、いい知恵は出てこない。

2.一流になるために、必要なことは何?

・正しい考え方を見につけること
・お金のために、働かない
・お客様第一で、仕事する

会社はトップで決まる

その会社がダメだと思ったら、希望退職も手だが、自分
に実力がないと、努まらない。
自分が外の世界で通用する実力があるかどうか?は、
3~5年くらいの間に、非公式にウチに来ないか?
誘いを受けたことがあるかどうか?である。
会社には、良い会社、悪い会社はない。
良い社長、悪い社長しかいない。

3.どういう勉強をしていけばいいのか?

・今やっている仕事のスキルを磨く
・インプットしたことを、周囲にアウトプットしていく
 社内の人間、同じ業界の人とばかり付き合わないこと。
 いろんな本を読んでみることなど。


この本から得たひとこと:
 世界の垣根がなくなり、同一労働、同一賃金になる!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

Twitterでビジネスを加速させる方法 樺沢柴苑

Twitterでビジネスを加速する方法Twitterでビジネスを加速する方法
著者:樺沢 紫苑
ソーテック社(2010-07-20)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:

・Twitterの何がすごい?
ツイッターの場合、フォローワーが少なくても万単位の
人間に、自分のツイートを読ませることが可能

・Twitterは、弱者のメディア
ユーザーの知名度に限らず、誰でも数千人程度の
フォローワーを獲得
することが、簡単にできる。
つぶやきによっては、フォローワー1万人超も可能。

※ツイート
自分がつぶやいく内容

※フォローワー
自分をフォローしてくれている人



ツイッターは、何度投稿しても無料!

ツイッターでは、いきなり商品を紹介しても売れない。
まず、ファンとの距離を縮めるのが先

ビジネス目的でツイッターを利用する場合、フォローワー
の数が100人では、ほとんど目に見えた効果がない。

情報発信者と認められるためには、最低2,000人以上
できれば、5,000人以上ほしい。

プロフィールはかなり大切。
・自分の顔を使う。
・字数制限いっぱいの160字ぎりぎりまで使う
・重要なことは、最初の3~4行
・プロフィールのWeb欄に、自分のURLを入れる

フォローワーを増やすには?
・相手をこちらからフォローする
・リツイートしてくれた人を、フォローする
・自分をフォローした人に、フォローを返す


学んだこと:
ツイッターの基礎が一通り理解できて、「次にどうしたら
いいか?」
と考えている人には、非常に参考になる本です。

もちろん、ビジネスでの利用を考えている人にも、参考に
なる本です。

フォローワー2,000人以上は欲しい!とのことは、聞いた
ことはありましたが、この本を読んで、最低でも5,000人
に増やそう!と決意
できました。

プロフィールも3回作り直しましたが、やはりだんだん上手
になり、効果もあらわれています。


この本から学んだひとこと:
ツイッターは弱者のメディア!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索