トリセツ

2010年10月26日

徹底網羅!お金儲けのトリセツ 水野俊哉

徹底網羅! お金儲けのトリセツ徹底網羅! お金儲けのトリセツ
著者:水野 俊哉
PHP研究所(2010-10-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
お金持ちになる方程式
1、収入を増やす
2、支出を減らす
3、運用利回りを上げる

最強の金融資産は、株でも不動産でもなく
「あなた自身」
である。

マネー専門誌には気をつけよう。
極めてリスクの高い商品を平気で紹介している。

不動産投資は、サラリーマンと公務員に有利。
会社社長や自営業者より、お金を借りやすい。

起業資金は自治体の融資制度を使うといい。
役場の窓口で説明してもらえる。

マイクロ法人を推奨。
法人でありながら、個人で活動しており、
規模の拡大を目指さないやり方である。


水野俊哉さんのブログはこちらから
水野俊哉の日記


学んだこと:
通常のマネー本は、儲かる話ばかりですが、
この本は、投資の良いところ、悪いところ
きちんと指摘しています。

ハイリターンの商品には、リスクがつきもので、
楽をして儲かる話はないとのこと。

利回りの説明など、具体的な事例をふまえて
説明されているところが分かりやすいです。

独立、起業のことも書いてあり、今後独立を
したい人には、参考になります。


この本から得たひとこと:
借りた金は、借りて返すな!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年08月18日

知っているようでしらない「法則」のトリセツ 水野俊哉

知っているようで知らない 法則のトリセツ知っているようで知らない 法則のトリセツ
著者:水野 俊哉
徳間書店(2009-02-26)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
たくさんの法則が記載されています。
特に気になったのは・・

●職場の法則

・ハロー効果
 人を評価する際に、ある顕著な特徴に引きづられて
 他の点における評価がゆがんでしまう
・コミットメントと一貫性
 人間は一度、ある態度を取る(コミットメントする)と、
 一貫性をつけたがる
・メラビアンの法則
 言葉を信用するのは、7%、声や話し方を信用するのは
 38%、表情や態度の方を信用するのは55%

●仕事の法則

・「初頭効果」と「終末効果」
 作業の初めと終りに能率が上がる心理傾向

●ビジネスの法則
 
・ブルー・オーシャン戦略
 競争のない穏やかな海のイメージで、独自の市場を
 切り開くことで、さまざまなメリットを享受することが
 できる

●勉強の法則

・マジカルナンバー7の法則
 人間の短期記憶の容量で、すぐ記憶できるのは
 「7桁±2項目の範囲」

・レミニセンス
 寝ている間に、脳内の情報が整理される


学んだこと:
いろんな「法則」が、たくさんまとめられています。

それぞれの説明は短いですが、たくさんあるので、
辞典のような感じです。

パソコンで調べるにも、法則名が分からないときが
あるので、そのときはこの本を使用しています。

普段、勉強の習慣のない人は知らない、日常生活で
役立つ法則
ばかりです。

能力開発講座などでは、この法則がよく使われたり、
応用されたりしています。

私の中では、ヒット作です。


この本から学んだひとこと:
「法則」を知らないと、損をする

kadenbook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月15日

「ビジネス書」のトリセツ 水野俊哉

「ビジネス書」のトリセツ「ビジネス書」のトリセツ
著者:水野俊哉
販売元:徳間書店
発売日:2009-08-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

書名:「ビジネス書」のトリセツ
著者:水野俊哉

内容:
ビジネス書の活用の仕方
がまとめられている面白い
テーマの本です。

学びの少ないビジネス書

1、「働かないで☆千万儲かる方法」などの、楽をして  
  儲かる系の本

2、本がフロント商品で、高額セミナーや情報商材を  
  販売するための本

3、著者のブランディングやお店の集客、会社の宣伝
  のみが目的の本

差がつく本の買い方
アマゾンを定期的にチェック
リアル書店をふらふら歩く
・日経の書籍広告はチェック
・気になる本はすぐ手帳にメモ

アウトプット活用法
・仕事 知識を本業で生かす
・ブログやメルマガ 情報発信する
・リアルでの交流 読書会などに参加する。

各地の読書会も紹介。


学んだこと:

他の勉強本、読書本と重なるところもありますが、
書評ブログのアドレス各地の勉強会の連絡先
などがまとめてあるのが、非常に役に立ちました。

神田昌典さん、勝間和代さん、茂木健一郎さんなど
10大著者の特徴がまとめてあったり、ビジネス書の
マトリックス
などもあり、自分のビジネス書を読んできた
知識を整理するのにも非常に役立っています。


この本から得たひとこと:
ビジネス書は面白くて儲かる最高の勉強ツール!

kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索