シーテック

2010年10月19日

【家電】シーテックジャパン2010 ブルーレイレコーダー

アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展
シーテックジャパン2010

レポート第3弾です。

今回は、ブルーレイレコーダーについてです。

シャープブルーレイレコーダー

シャープブースブルーレイコーナーです。

どのメーカーも、新しいブルーレイレコーダーの新機能
としては、3Dに対応となったことがあげられます。

シャープの新しいブルーレイレコーダーは、
3Dと新規格BD-XLにも対応となっています。

おさらいすると
今発売されている、ブルーレイディスクの規格は

【1層式 容量25GB】
・BD-R(1回のみ録画)
・BD-RE(繰り返し録画可能)

【2層式 容量50GB】
・BD-R DL(1回のみ録画)
・BD-RE DL(繰り返し録画可能)

新規格
【3層式 容量100GB】
・BD-XL

まだ、BD-XLのブルーレイディスクがほとんど発売
されていないのが、難点です。

超薄型ニュースタイルブルーレイレコーダー


このような、超薄型のニュースタイルブルーレイレコーダー
も参考出品されていました。

超薄型ニュースタイルブルーレイレコーダー1


最近は、機能だけでなく、デザイン性も重視される
時代になってきましたね。



kadenbook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月11日

【家電】シーテックジャパン2010 ガラパゴス ギャラクシー

アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展
シーテックジャパン2010

レポート第2弾です。

今回は、携帯型情報端末についてです。
・GALAPAGOS(ガラパゴス)
・GALAXY(ギャラクシー)

galapagos1(ガラパゴス)

シャープブースです。

メディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス)」
コーナーです。

2010年12月から、電子ブックストアサービスが始まる
とのことで、すごい人でした。
専用端末のメディアタブレット2機種も同時に発売です。

5.5型液晶のモバイルタイプと、10.8型高性能液晶の
ホームタイプ
の2機種のようです。


galapagos(ガラパゴス)


上記写真は、5.5型液晶のモバイルタイプです。

すごいですね!


続いては、ドコモ(docomo)コーナー

docomo(ギャラクシー)


こちらも、大盛況です。


galaxy-tab(ギャラクシー)

ドコモのスマートホン 
GALAXY(ギャラクシー) Tab SC01C

画面サイズは7インチ
2010年11月下旬の発売予定。

galaxy-tab(ギャラクシー)

i-padより小さく、片手で持てることが大きな特徴らしいです。

docomoとSAMSUNGの共同開発のようです。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月08日

【家電】シーテックジャパン2010 3Dテレビ

アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展
シーテックジャパン2010に行ってきました。

「家電好きフォトリーダーの読書日記」というテーマの
書評ブログですが、たまには家電が好きだということも
アピールしてみたいと思います。


今回の主なテーマは、3D(テレビ)に関してでした。

パナソニック3Dテレビ シーテックジャパン2010

パナソニック 3D VIERAのブースです。

3Dテレビを見るために、専用メガネをかけての視聴
でした。

3Dテレビを見るのに、将来的にはメガネが不用
なる予定なのですが、知らない方も多いみたいです。


そんな中、東芝ブースでは、メガネなしの3Dテレビ
展示していました。

東芝グラスレス3Dテレビ シーテックジャパン2010

残念ながら、グラスレス3Dテレビ展示ブース内は撮影禁止
でした・・・


10/6(水)の朝に、みのもんたさんの朝ズバで紹介していた
こともあり、大混雑で1時間半も並びました。
ここで、かなりの体力を消耗(笑)


ソニー3Dテレビ シーテックジャパン2010

ソニーブースでは、南アフリカで行われたワールドカップ
で3D放送をしたときの様子が再現されていました。


こちらも、専用メガネをかけての視聴です。

ソニー3Dグランツーリスモ シーテックジャパン2010

ソニーブースです。

3Dゲームのグランツーリスモのデモをしていました。
さすがに、3Dゲームの迫力はすごかったですね。


シャープ3Dテレビ シーテックジャパン2010

シャープブースです。

今でも発売されてますが、色の3原色(赤、緑、青)黄色を
追加し、4原色
で色を表現しています。
それを、シャープはクアトロンと名づけています。


シャープの目玉は、情報端末のGALAPAGOS(ガラパゴス)
がメインだったような気がします。

こちらは、後日紹介しますね。


ちなみに、3Dテレビに関して、こんな本が発売されています。

3D立体映像がやってくる−テレビ・映画の3D普及はこうなる!−3D立体映像がやってくる−テレビ・映画の3D普及はこうなる!−
著者:石川 憲二
オーム社(2010-04-28)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

3Dの時代3Dの時代
著者:深野 暁雄
岩波書店(2010-07-30)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 



kadenbook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索