サラリーマン

2012年03月15日

辞めて生きる技術 藤井 孝一

辞めて生きる技術辞めて生きる技術
著者:藤井 孝一
販売元:フォレスト出版
(2012-02-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

週末起業でおなじみの藤井孝一さんの
新書です。

新書といっても、読んだのは3週間くらい
前なんですが、ブログで紹介するのが
遅くなってしまいました。

ついに日本も、「会社に雇われる働き方」
ではなく、自分自身で稼ぐ働き方」
主流になりつつあるそうです。

続きを読む

kadenbook at 14:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月16日

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい 中島孝志

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)
著者:中島 孝志
マガジンハウス(2009-05-28)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
起業などせず、サラリーマンのメリットを徹底的に
享受しながら副業する「才テク」をすすめている。

【才テクの特徴】
・好きなこと、やりたいことをする
・生活のためにするもではない
・物売りはしない

【年収300万円時代に、サラリーマンが考えること】
・50歳の時点で「会社員」でない可能性が高い
・会社はサラリーマンの生活を保証してくれない
・「ただの会社員」では、いざというとき、つぶしがきかない
・今後、収入は上がらない

才能を引き出すことが「才テク」なので、いますぐ
儲からなくても、1年後、3年後に回収できればいい。

「才テク」を見つけるには、できる、できないは考えない!


学んだこと:
今の時代、サラリーマンの給料だけでは、将来的
に不安
ですね。

昔のように、ある年齢を過ぎると、急激に給料が
増えるシステム
がなくなり、一部の人を除いては、
給料は安いままです。

いったん、社会のシステムから外れてしまうと、
ほんとうに年収300万円になってしまいます。

自分の好きなことでお金を稼ぐのは、たとえ副業
だとしても、素晴らしいことだと思います。

この本から得たひとこと:
「才テク」は軽い気持ちでスタートする!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月05日

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 美崎栄一郎

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)
著者:美崎 栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション(2010-06-25)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
高いIT機器
を使いこなすより、まずはノートを
使いこなす
こと。

持ち運びのできる、あなた自身のスキルになる

裏紙を使っている人は、ノートを見返す習慣がなく、
自分の経験を捨てていることになる

本人の経験の積まったノートの方が、何倍も
価値がある

マインドマップやシンプルマッピングを使って
管理している人もいる


学んだこと:
この本は、ノート術の実践編という位置づけで、
現役社会人25名との対談形式になっています。

人それぞれ、ノートの使い方は違いますが、
あまりノートを活用してこなかったので、勉強に
なりました。

裏紙やメモ帳に書き込んで捨ててしまっていた
ことも多かったので、なるべくノートに残したい
と思います。

この本から得たひとこと:
ノートに書いたことは、自分の経験の蓄積である

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月30日

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 美崎栄一郎

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
著者:美崎 栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション(2009-09-11)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
社会人のノート術は、学生のノート術と全く違う

社会人のノートは、忘れるために使う

●3冊ノート術
(ノートは仕事で3冊使う)

1、メモノート
  思いつきを拾う。文庫サイズのA6、その半分のA7など。
  外出先、移動中で活躍

2、母艦ノート
  情報の基地となる
  メモノートに書いたネタは、切り離してここに貼り付ける

3、スケジュールノート
  スケジュール管理


学んだこと:
ノートに関する本は、たくさん出ていますが、具体的に
文房具などが紹介されており便利です。

この本から、ホワイトボードに書いたことは、メモを
取らずに、デジカメで写すという方法に気がつきました。

読書メモは、読み終わったあとに実行することを書く。
読書ノートは、真似をして、アックションプランなども
加えてみます。


この本から得たひとこと:
ノートで自分固有の経験をためる

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月25日

出逢いの大学 千葉智之

出逢いの大学出逢いの大学
著者:千葉 智之
東洋経済新報社(2008-05-15)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
普通のサラリーマンには、普通のサラリーマンに
適した人脈術
がある。

経営者、成功者の人脈づくりとは違う

本物の人脈を手に入れるには、
見返りを期待せずに、人が喜ぶことをしてあげる

チャンスはかならず人に乗ってやってくるから

人脈を増やすには
人と出逢う仕組みを作る
       ↓
自分でイベントを主催してみる
 情報が集まる、人が集まる、参加者をコントロールできる

外見や職業などで態度を変えることは、チャンスを
自ら逃している
ことになる


学んだこと:
サラリーマンの人脈は狭いそうです。

営業で取引先とのパイプや、社内で知り合いが多いなど
を、人脈と勘違いしている人も多いとのこと。

同じ環境で働いている人ばかりと一緒にいることも、
視野を狭めている原因だそうです。

確かに、サラリーマンの人脈は、本当の人脈とは
違いますね。最近、考えさせられることが多いです。

私は、ある資格試験の勉強会を主催しているうちに、
主催する側の楽しさを覚えてしまいました。

これからは、読書会を含め、イベントを主催していきます。


この本から得たひとこと:
外見や職業などで態度を変えることは、チャンスを
自ら逃していることになる


kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年07月20日

週末起業 藤井孝一

週末起業 (ちくま新書)週末起業 (ちくま新書)
著者:藤井 孝一
販売元:筑摩書房
発売日:2003-08-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


独立を決意してから、情報を集めていたときに、出合った本です。
働きながら週末に起業しようというのが、コンセプトです。

書名:週末起業
著者:藤井孝一

内容:
週末起業とは、働きながら平日の夜や土日を使って起業しようというものです。サラリーマンのもう一本の収入の柱を作ったり、独立の準備するのに最適です。
アルバイトなど時間で雇われるのではなく、自分で稼ぐのが目的です。
この本には、会社にバレない工夫や、税金の工面の仕方なども書かれています。
今となっては、内容が古い部分もあります。

学んだこと:
いきなり独立するより、会社に勤めながら起業するという発想に感動したのを覚えています。週末起業フォーラムの会員にもなっています。
本を見ながら、自分が起業したい分野のホームページを作ったり名刺を作ったりしました。1円を自力でまず稼ぐとのことから、アフィリエイトでほんの少しの収入を得ました。
今振り返ると、それ以上進んでいないのが反省点です。
今後は、今まで蓄えた知識をお金に替えてみせます。

ちなみに、自分が作ったホームページです。

・幸せなデジタル家電生活
http://digital-kaden.net

・成功、夢を実現するための自己啓発
http://jikokeihatu.com

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索