お金の流れ

2010年12月26日

お金の流れが変わった!大前研一

お金の流れが変わった! (PHP新書)お金の流れが変わった! (PHP新書)
著者:大前 研一
PHP研究所(2010-12-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


R+(レビュープラス)から、
「お金の流れが変わった!大前 研一」
の献本が届きました。

ありがとうございます。


内容:
唯一の大国、アメリカは崩壊した。
サブプライムローンが破綻するまでの繁栄は、
借金に支えられたバブルだった。

世界経済は、アメリカでもなく、中国でもなく、
日本でもない。
世界の投資マネーを集めているのが、新興国
である。

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)や、
VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、
トルコ、アルゼンチン)
タイ、コロンビア

それに続いて、ナイジェリア、フィリピンなど
が上げられる。

新興国は、かつて日本が通貨してきた
高度経済成長をいまやっている。
わざわざ最先端の技術で勝負しなくても、
そのようなむかしの芸で戦える。

日本は借金が多く、成長もしていないが、
世界に通用する技術がある。

鉄道、原子力発電、工作機械、ブルドーザー
など


学んだこと:
ちょうどこの本を読んで、時代は変わって
しまった
んだなーと、しみじみ感じています。

このような本は、普段あまり読まないので・・

アメリカ、日本の経済は終わり、中国の経済も
終わろうとしています。

今までと同じ発想をしていては、日本も崩壊
してしまう予感がします。
預金封鎖に新紙幣の発行など、今までの
生活が変わってしまう日がくるのも近いかも
しれません。

もっと世界に目を向けなければならないこと
が分かりました。

私たちが想像してる以上に、日本は崩壊して
いる
ことを。

たまには、このような本を読んでみるのも
楽しく、知識が増えます。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索