講師業

2012年04月03日

研修・セミナー講師を頼まれたら読む本 松本幸夫

研修・セミナー講師を頼まれたら読む本 (DO BOOKS)研修・セミナー講師を頼まれたら読む本 (DO BOOKS)
著者:松本幸夫
販売元:同文館出版
(2010-03-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


講師の経験はそれなりにありますが、
ちょうど新入社員研修を頼まれたので、
手にとってみました。

この本は、会社勤めで、講師の経験が
ない人が、社内で研修を頼まれた
のを
想定している感じです。

講師業の人、講師を目指す人には、
とても勉強になる本だと思います。

続きを読む

kadenbook at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月13日

じつは稼げる〔プロ講師〕という働き方 濱田 秀彦

じつは稼げる〔プロ講師〕という働き方 独立 副業 定年後 子育て中 介護中…誰でもできる!じつは稼げる〔プロ講師〕という働き方 独立 副業 定年後 子育て中 介護中…誰でもできる!
著者:濱田 秀彦
販売元:阪急コミュニケーションズ
(2011-04-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


講師業で生計を立てている人はどんな人?


・カリスマ性のある人
・華々しい実績のある外資系コンサル出身
・マスコミに取り上げられる有名人
・弁護士、公認会計士など特別な資格保有者
・すごい話術を持っている人


とても気になりますが、これらの人は、
全体の10%以下だそうです。

残りの90%以上の講師は、ごく普通の人。

講師業を目指す人には、とてもやる気が
でてくる本です。

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月11日

セミナー講師は奥が深い4 プロ講師になる方法

「セミナー講師」関連の本、復習第4弾です。

プロ講師になる方法 安宅 仁

一番最初に読んだ、セミナー講師関連の
本です。

4年前の本ですが、内容は濃く、セミナー
講師になるための方法や、講演での方法
まで、とても詳しく書かれています。

この本を読むのが4回目くらいですが、やっと
本の内容の意味が分かりました・・・

最近の本は、セミナー講師系に限らず、
どれも中身が薄く、寂しい限りです。


プロ講師になる方法―講演は自分を活かす新しい舞台だ!リピートがどんどんくる成功ノウハウのすべて
プロ講師になる方法―講演は自分を活かす新しい舞台だ!リピートがどんどんくる成功ノウハウのすべて
著者:安宅 仁
販売元:PHP研究所
(2007-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


●配布資料について
最初にレジュメといっしょに読み物も配ると
失敗のもと。
手元に読み物があると、つい読んでしまう。
資料は少なめにするのが良い。

●どんな講演でも寝る人は寝る
初めから寝るつもりで来ている。
寝ている人を起こすのは、やめる。真剣に
聴いている聴講者に集中すべき。
寝ている人や、携帯電話の音を鳴らす人を
怒ると、他の人も不機嫌になる。


●自主セミナーと依頼を受けたセミナーは
 大きく違う
自主セミナーでは、講師のブログなどを
読んでおり、親近感を持った参加者ばかり。
企業内研修や各種団体で実施するセミナー
に講師として招かれた場合の聴講者の目
はとても厳しい
。ネガティブリスナーばかり。
さらに難しいのは、聴講者にウケるだけでは
なく、主催者の意図する目的を達成
しなく
てはいけない。

●ポジティブリスナーを見つける
講演が始まったら、まず聴講者の中から
聞き上手の人を見つける。
常にその人だけを見て話すという意味では
なく、ポイントで自信を高め、テンションを
上げるため
に利用させてもらう。
ネガティブリスナーを気にするあまり、自信
がない雰囲気になることだけは避ける。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月06日

セミナー講師は奥が深い3 誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法

「セミナー講師」関連の本、復習第3弾です。

本日紹介する本は、どうやって集客するか?
どうやって稼ぐか?が目的の本です。

その中でも、参考になるところをピックアップ


誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 (DO BOOKS)
誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 (DO BOOKS)
著者:松尾 昭仁
販売元:同文舘出版
(2006-06-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


著者の松尾さんのセミナー講師デビューは、
無料セミナーのようでした。
「もうこれ以上練習は出来ない」というくらい
リハーサルを繰り返したそうです。
セミナー講師をして本番で失敗しない理由は、
しっかりした準備と事前の練習


セミナー講師は、アナウンサーではない。
話し方に癖があっても大丈夫。


当日、あがらないために、いつもと同じ
行動パターン
を取る。

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月04日

セミナー講師は奥が深い2 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法

「セミナー講師」関連の本、復習第2弾です。

今までは、セミナー講師になるにはどうしたら
いいのか?
ばかり考えていました。

本を読む目的は、「セミナー講師になるには?」
ということになってました。

今回の復習の目的は、「セミナー講師として
の話し方、場の作り方などのテクニックは?」
ということにして読んでみると・・・

ほとんど、そのような内容はありませんでした。

今頃ですが、私の読んでいた本は、「セミナー講師
になるための本」
ばかりだと気がつきました。

出版されている本も、そのような内容がほとんど。


90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)
90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)
著者:東川 仁 著
販売元:同文館出版
(2010-09-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」
をテーマに。

・ひとつのテーマについて、少なくとも一度は、
 一字一句まで、原稿を書く。
 箇条書き程度はNG。 

⇒さすがに原稿までは書けませんでしたが、
 箇条書きレジュメを当日持参しました。
 当初は、全くのアドリブでしゃべる予定でしたが、
 前日に主催したセミナーの講師が、レジュメを
 持っているのを見て、帰宅後の夜中に作りました。
 箇条書きレジュメがあって、助かりました。


・原稿を作ったら、必ずしゃべってみる。
 
⇒箇条書きレジュメを見ながら、しゃべってみました。
 出版プレゼンの練習のとき、原稿を作って
 ひたすら、しゃべってました。
 しゃべってみると、イメージしていた時間と
 違ったりするのが分かります。


今日は、ここまで。



kadenbook at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月01日

セミナー講師は奥が深い1 はじめて講師を頼まれたら読む本

某高校にて、記憶術の講師をしてきました。

自ら学びたい社会人相手に講師をしていた
ので、何とかなると思っていましたが、それが
とんでもないことに気がつきました。

今日から数回に分けて、「講師」関連の本
復習していきます。

はじめて講師を頼まれたら読む本はじめて講師を頼まれたら読む本
著者:大谷 由里子
販売元:中経出版
(2009-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

今回のセミナーを体験して、新しく知ったことが3つ。

1、主催者に呼ばれて講師をする「アウェイ」は、
  自分で集客する「ホーム」とは全く違う。

⇒P97
 二つの場合では、戦い方が全く違う。
 自分のことをどこの誰だか知らない「アウェイ」
 の方が鍛えられる。


2、一応大人である「社会人」と、これからである
  「学生」とでは、対応の仕方を変えないといけない。

⇒これは、本に書いてないです。
  次回は、大学ですが、高校生と大学生でも
  違うんでしょうね。
  対象年齢、学校の環境や偏差値によっての
  アドリブも訓練する必要がありそうです。


3、話しを聞きたくて参加しているか?それとも
  仕方なく参加しているか?この違いは、大きい。

⇒P164 
 迷惑な人は、「出て行って下さい」と言っても
 いいそうです。そんな度胸はないですが・・
 P144
 楽しく、面白く話して、興味をひきつける


身内相手にほとんど低料金で何十回開催しても、
きちんとお金をいただての仕事の1回には全く
かなわないですね。

主催者側のフィードバックの質が違います。

kadenbook at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月14日

【人気記事】だれでも一流講師になれる71のルール 茅切 伸明

だれでも一流講師になれる71のルールだれでも一流講師になれる71のルール
著者:茅切 伸明
税務経理協会(2010-03-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このブログの中の人気記事が、
著者:茅切 伸明
「だれでも一流講師になれる71のルール」
です。

この本を読んでいたころは、いつかは
セミナー講師と思ってましたが、本格的
にデビュー
することも決まりました。

もう一度読み返してみると、プロフィール
だけでなく、写真もかなり大切なようです。

内容:
セミナー
は講師料を稼ぎながら、自分自身の
プロモーション
ができる最強のツール

ブランド力のあるセミナー会社で講師として
ブランドを確率してから、自主開催するのが
王道。集客に悩まなくていい。

講師は主役ではない。
謙虚になること。

一流講師は、漫才、落語、実演販売員など
いろんな人から学んでいる。




kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月09日

誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方 多田 健次

誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方
著者:多田 健次
中経出版(2010-10-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
すぐに使えて、効果抜群の教え方30

気が小さくて臆病者でも、講師として
活躍できる。

最初から全員に満足してもらおうと
考えるのではなく、少なくてもいいので
絶対的支持者を集めることが先決。

ボキャブラリーを増やすために、
・本をたくさん読む
・ブログなどで不特定多数に情報発信
・類語を電子辞書で調べる
・他人に話す

自分の魅力を引き出すには、髪型や
服装
も重要。


学んだこと:
著者の長年の間に身につけたノウハウ
が、まとめられています。

初心者から中級者あたりには、非常に
役に立つのではないでしょうか。

セミナー講師というよりは、予備校や
資格学校の講師向け
の感じがします。

本を読んでみると、納得させられる部分
もたくさんありました。

第1章で出版コンテストでのプレゼン
関することが書いてありました。
ちょうど今月、同じプレゼンをする予定です
ので、とても参考になりました!


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材 安宅 仁

プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材
著者:安宅 仁
日本実業出版社(2008-07-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


内容:
聴講者の感想を聞くと、講演や研修
印象に残るのは、本題そのもの以上
に、それを分かりやすく説明するための
「比喩」であることに気がついた。


虫は光に導かれる
⇒目標へと向かうプロセスが最も輝く

金魚は水槽の大きさに合わせて成長する
⇒器は常に大きく持て

カメレオンは複数の色を掛け合わせる
⇒組み合わせで強みを作ろう

イルカは超音波で状況をつかむ
⇒ときには理論よりも感性を信じよう


学んだこと:
たくさんのつかみ話題が書かれています。

実際に使ってみないと反応は分からない
ですが、頭にいれておくだけで有利になる
ような気がしました。

つかみ話題が、自己啓発的な内容と結び
ついており、とても勉強になりました。

早速、誰かに使ってみます。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月23日

はじめて講師を頼まれたら読む本 大谷由里子

はじめて講師を頼まれたら読む本はじめて講師を頼まれたら読む本
著者:大谷 由里子
中経出版(2009-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
人前で話す機会があれば、そのときは
だれでも講師になる

講師は大きく3種類に分けられる。
・セミナー講師
・コンサルタント講師
・講演講師

セミナー講師
に必要なのは、いかにスキルや
知識
を分かりやすく教えられるか。

コンサルタント講師は、具体的な結果
求められることも多くなる。

講演講師は、知識やアドバイスのほかに
「感動」が求められる。


話しを広げるためには、ネタ帳を作って
おくことが大切。

あらゆる雑誌を読むことはもちろん、
電車でOLや高校生の会話などが、
とても役に立ったりする。

本気で講師をするなら、自分の姿を
ビデオに撮影してみる。


学んだこと:
相変わらず、吉本興業のお笑いネタ
引き合いに出していますが、内容はすごく
分かりやすいです。

他の本のように、セミナーを企画、開催
するための内容ではなく、人への伝え方、
ネタのつくり方、笑いのつかみ方
など、
実践で役に立つことが多いです。

一度、大谷さんのセミナーを聞いたことが
あるので、本の内容が頭に入りやすいですね。


この本から得たひとこと:
最初の3分に、まず本気になる!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索