感情

2012年04月06日

読むだけで心がラクになる22の言葉 本田健

読むだけで心がラクになる22の言葉読むだけで心がラクになる22の言葉
著者:本田健
販売元:フォレスト出版
(2012-01-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


言葉との出会いで、人生は変わる

自分のために、大事なあの人のため
に、いつも手に届くところに置いておき
たい「心のお守り」。

続きを読む

kadenbook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月17日

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ 神田 昌典

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむあなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ
著者:神田 昌典
販売元:フォレスト出版
(1999-12-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


エモーショナル・マーケティングとは?

「あなたの商品を売ってくれ」と、お客さん
が集まってくるマーケティング方法。


いままでの営業は、お客さんを見つけ、
売り込んでいく。
高度成長期には使えても、成熟期では
使えない。

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月05日

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇 本田 健

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇
著者:本田 健
販売元:大和書房
(2011-06-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


自分が感動した本の中でもTOP3に入る
ユダヤ人大富豪の教えの続編(アメリカ編)
です。

今回の内容は、感情面にフォーカスされて
います。

幸せな人間関係を築くための8つのレッスン
となっています。

1回読んだだけでは、理解しきれない本
だったように感じました。

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月26日

「つらいな」と思ったとき読む本 中谷 彰宏

「つらいな」と思ったとき読む本「つらいな」と思ったとき読む本
著者:中谷 彰宏
販売元:あさ出版
(2011-04-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


悩みがあったり、嫌なことがあったりと、
「つらいな」と思ったときにピッタリの本。

いつもなら読書するうちの1冊という感じ
ですが、今回はタイトルに合わせて購入
しました。

普段、中谷彰宏さんの本は、あまり読ま
ないのですが、自分自身の心の状態が
タイトルにぴったりでした。

この本は、
①今日、つらいことがあった人
②悩んでしまった部下を、励ましたい上司
③悩んでいる人を勇気付けたい上司
に向けて書かれているとのこと。


本の中で勇気づけられた言葉は、

・「うまくいかない」ときは、「課題が見つかった」とき

・相手を変えるのではなく、自分を変える

・落ち込むのは、成長の前兆

・やりたくないことは、やらなくていい

・神様は、自分が動き始めたら助けてくれる

という感じで、勇気付けてくれる本です。


「つらいな」と思ったときにピッタリの本です。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月18日

愛とは、怖れを手ばなすこと  ジェラルド・G・ジャンポルスキー

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)
著者:ジェラルド・G・ジャンポルスキー
サンマーク出版(2008-06-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


内容:
完全に自由な感覚を味わうために重要
なのは、過去や未来に心を奪われるの
をやめ
今というときの中で生きるの
を選ぶ
こと。

怖れと愛を同時に経験することは
できません。

内なるやすらぎ
をただ一つの目標に
すると、ゆるしがただ一つの手段に
なる。

自分の目標と手段をそろって受け入れ
ると、自分の内にある直観の声こそが、
目標実現のためにただ一つの道しるべ
であることがわかります。


学んだこと:
久々に読みました。

心が平和になるためには、ゆるすこと
が必要なんですね。

本田健さんが何度も読んだというだけ
あって、とても考えさせられる本です。

ついつい、過去のことばかり考えてしまい
ますが、今が一番大切だということを
思い出させてくれました。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索