読書

2011年02月23日

超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる!

超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)
宝島社(2011-02-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
皆が知っている速読術本が売れていて
有名になった速読術
など紹介されています。

自分にぴったり合う速読術を探すのには、
参考になるかもしれませんね。

紹介されている速読術は・・・・


◆フォトリーディング

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
著者:ポール R.シーリィ
フォレスト出版(2009-11-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

自己啓発、能力開発が好きな人なら、皆が
知っている速読術です。

神田昌典さんがアメリカから輸入し、日本で
広めました。勝間和代さんなどが活用して
いることで有名です。

目を訓練するタイプの速読法ではありません。
写真のように記憶する・・というのが売りですが、
実際は、読む目的を決め、必要な情報だけを
効率よく読む読書法
です。

私は、合計9回講座を受講しています。



◆スポーツ速読

スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)
著者:呉 真由美
扶桑社(2010-05-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

時速150kmの球が打てる!ことで有名に
なりました。

目の訓練して視野を広げ、すべての文字を
飛ばすことなく速く読む速読術です。

私は、完全に挫折しました。
講座でスピードは上がりましたが、訓練しない
と、また元に戻ります。

残念ながら、読むのは速くなっても、本の内容を
理解できませんでした・・・



◆世界一分かりやすい速読術

世界一わかりやすい「速読」の教科書世界一わかりやすい「速読」の教科書
著者:斉藤 英治
三笠書房(2010-04-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

高速音声を聴くことで、脳を活性化させ、
本を読むスピードを上げる方法が紹介
されています。
速読耳トレーニング。

フォトリーディングと、速読耳トレーニング
を組み合わせた内容です。



◆フォーカスリーディング

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
著者:寺田 昌嗣
PHP研究所(2008-08-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


スポーツ速読術とは内容が違いますが、
こちらも3日間の講座で、徹底的に目の
使い方の訓練
をします。

どちらかと言うと、修行ですね。

2年位前に、かなり流行りました。


[速習!]フォーカス・リーディング講座[速習!]フォーカス・リーディング講座
著者:寺田 昌嗣
PHP研究所(2011-01-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100 神田昌典 勝間和代

10年後あなたの本棚に残るビジネス書10010年後あなたの本棚に残るビジネス書100
著者:神田 昌典
ダイヤモンド社(2008-10-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
経営コンサルタントの神田昌典さん、経済
評論家の勝間和代さんが、おすすめの本
を紹介しています。

今では人気に陰りが見えてきましたが、
この本が発売された2年くらい前は、この
お二人は全盛期だったかもしれないですね。

両者とも、フォトリーディングのインストラクター
でもあります。


◆主に紹介されている本を、ピックアップ。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
著者:サミュエル スマイルズ
三笠書房(2002-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

王道となる行動を知りたいときに・・・
この本の8割が実行できれば、成功しない方が
おかしい。




「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
著者:ジェームズ アレン
サンマーク出版(2003-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「美しい言葉」で自分の精神を顧みたいときに・・・



7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
著者:スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版(1996-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

日常生活の隅々までわたる、良い習慣を
身につけたいときに・・・



ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
著者:ジェームズ・C. コリンズ
日経BP社(2001-12-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

自分の才能を企業で最大限生かす指針として・・・




さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
日本経済新聞出版社(2001-12-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

自分の強みが何か知りたい人・・・




イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
著者:クレイトン・クリステンセン
翔泳社(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

優秀な企業の正しい行動が、間違った結果
になる理由を知りたい人に・・・



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月04日

多読術 松岡正剛

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
著者:松岡 正剛
筑摩書房(2009-04-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


内容:
人が何を読んでいるのかは分かっても、
がどのように読んでいるのかは分から
ない。

読書は、いつ読んだのか、どんな気分で、
どんな感受性のとき
に読んだのかという
ことが、密接にかかわってくる。

雑誌やマンガでも読書である。

目次からおおざっぱに本の内容を想像
する「3分間目次読書」が、その本の
読書に決定的な差をもたらす。

読書のススメは
1、いい本を読む。自分に合った本を読む
2、じっくり読む。よく理解しながら読む
3、自分のペースで読む

速読は、早食い競争するのと同じ。
自分の関心のある分野の本は、速く読める。
似た内容のものが速く読めるのが、本来
速読術である。


松岡正剛式読書術は、「本を読む本」より
うんと柔らかく、認知関係的、パフォーマティブ
プロセス的で、きわめて編集的。

本を読む本  ←(過去のブログへリンク)


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モーティマー・アドラー
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


学んだこと:
読書術の大御所、松岡正剛さんの本です。

少し前まで、速く本を読むことばかり意識
していたためか、松岡正剛さんの本は、
敬遠していました。

2010年12月くらいから、本を味わって読む
ようになってから、読書の醍醐味が分かって
きました。

ちょうどいい時期に、松岡正剛さんの多読術
を読みましたが、自分自身がやっとこの本の
意味が分かるレベル
になったと感じました。

速読のしすぎは、消化不良になります。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月28日

スピード読書術 宇都出雅巳

速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術
著者:宇都出 雅巳
東洋経済新報社(2008-06-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
本は、速く読んだときのほうが、理解できる。
分からなくても、どんどん先に進んでよい。

現実に活かしていくため、何度も読む。
時間を短くして、回数を増やす。

本は読めば読むほど、読めるようになる。

速読法を学んでも、本を読む時間をとら
ないと、本は読めない。

次のことも効果がある
・目次だけみて語る
・本文よりもまず見出し
・まえがきとあとがきだけでも読んでみる


学んだこと:
本を読むための速読法やテクニックと
いうよりは、本との上手なつきあい方
が、書かれていると思います。

この本に書かれていることは、とても
大切なことばかりです。

やはり、本を速く読むには、読書量
大切のようです。

そして、目次、まえがき、あとがきなど
から全体を推測することも大切です。

少し前の本ですが、上手に本を読む
ためのエッセンスが入っています。


この本から得たひとこと:
本を読んだら、内容をだれかに伝えよう!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月25日

本を読む本 M・J・アドラー C・V・ドーレン

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モ−ティマ−・アドラ−
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
「本を読む本」は、読むに値する良書を、知的
かつ積極的に読むための規則
を述べたもの。


読書には、四つのレベルがある。


●初級読書…読書の第一レベル

「その文は、何を述べているか?」

読み書きの全くできない子供が、初歩の読み
書きの技術を習得
するためのもの。

どんなに高い読書力がついていても、この
レベルの問題をなおざりにして読書すること
はできない。


●点検読書…読書の第二レベル

「その本は、何について書いたものか?」

与えられた時間内に、できるだけ内容を
しっかり把握することが目的。

書物の表面を点検し、その限りでわかる
すべてを学ぶことである。

目次を無視してはならない。


●分析読書…読書の第三レベル

「なによりもまず、理解を深めるためのもの」

時間に制約のない場合のもっともすぐれた
完璧の読みかた。

本の内容に関し、系統立てて、いくつかの
質問
をしなければならない。

情報や娯楽の為の読書には、分析読書
は必要ない。


●シントピカル読書…読書の第四レベル

一つの主題について、何冊もの本を相互に
関連
づけて読むこと。

単に各テキストを比較するだけでは、
シントピカル読書として十分とは言えない。


学んだこと:
この本のテーマは、良書を読むためです。

この本が書かれたのはとても古く、1978年
4月
です。

その当時、本を読むのにここまで素晴らしい
内容
が完成していたかと思うと、驚きます。

フォトリーディングもこの本を参考にして
いるのがよく分かります。

フォトリーディングの参考文献として紹介
されていたのですが、3年経過して初めて
読みました。

何度も言いますが、「素晴らしい本」です。

読書に関する本では、NO.1だと思います。


この本から得たひとこと:
積極性の高い読書ほど、良い読書。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月17日

10分間リーディング 鹿田尚樹

10分間リーディング10分間リーディング
著者:鹿田 尚樹
ダイヤモンド社(2010-10-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
10分間
で本を1冊読むには・・

いくつかのポイントが書いてありますが、
重要だと思うところをピックアップ

・読む時間は、「1冊10分」と決める

・この本から得ることは、1つと決める

・すべて読まなくていい

・目次はじっくりと読む

・「はじめに」は買う前に、読んでおく

・同じジャンルの本を、10日連続で読む


学んだこと:
速読術、読書術
の本は、かなり読んで
いますので、知識はたくさんあります

この本は、地下鉄の乗車時間の片道
15分で読めました
(私の速読法は、目を速く動かしませんよ)
速読の基本は知識量というのは、本当です。

この15分以外にも、家で下準備はしています。
・表紙、裏表紙、帯を読む
・はじめにを読む
・目次を読む
・パラパラとめくり眺めておく

これらをしておくだけで、速く読めるようになります。

この本は、私が普段使っている方法がたくさん
書かれていました。

「はじめに」は買う前に、本屋で読んでおく
というのは、とても面白かったです。

本の選び方や、iPhoneの活用、読書会の
活用方法なども書いてあります。


この本から得たひとこと:
「はじめに」は買う前に、読んでおく!


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月30日

アウトプット・リーディング 小林亮介

アウトプット・リーディングアウトプット・リーディング
著者:小林 亮介
マガジンハウス(2010-10-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
マガジンハウス 平城様より、献本
いただきました。
ありがとうございます。


仕事を効率的にこなすため、ビジネス書を読み
あさるようになった。

読書もアウトプットが大切。

・ノートによるアウトプット → すぐ挫折

・ブログの利用
 →本をまとめるのは、かなりのスキルと
  経験
が必要。
  更新が面倒で、継続が難しい。

・ツイッターの利用
 →誰もが手軽にアウトプットできる。

ツイッターは・・・
・本の感想や、気になった事をすぐアウトプットできる。
・他の人から意見をもらいやすい。
・読書記録をつけることができる。


学んだこと:
この本は、読んだ本の内容をアウトプットする
ため、ツイッターの効果的な使い方が書かれて
いる本だと思います。

私もツイッターを利用していますが、読書録は
ブログを利用しており、ツイッターに直接書評を
書いていません。
ただ、ブログを更新すると、ツイッター自動
投稿
されるようになっています。

知らなかったんですが、ツイッターに読書録
書いて、それをブログへ自動投稿する方法が
あるみたいです。
ちょうど、私と逆の使い方です。

この本にもあるとおり、ブログより、ツイッター
に書評を書いた方が気軽
だと思います。

誰でも、気軽に始められます。
140字にまとめるのは、非常に勉強になると
思います。

このブログも、読みやすくするため、あえて500字
程度に短くまとめるようにしています。


この本から得たひとこと:
ツイッターは気軽につぶやける!



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月10日

本は10冊同時に読め! 成毛 眞

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
著者:成毛 眞
三笠書房(2008-01-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
「超並列」読書術
とは、場所ごとに読む本
を変え、1日の中で何冊もの本に目を通す
読書法である。

極端なくらいバラバラの本がいい。

一流の経営者は、みんなすごい本の量
読んでいる。

本を読む人間が、車の中に幼児を置き去りに
してパチンコ
したり、電車の中で平気で化粧
するとは考えずらい。

「使える金」は、すべて本に注ぐ。

「自分の価値」は、読書量で決まる。

本屋の立ち読みで、前書きと目次を読むだけ
でも、1冊の本を読むのと同じ効果がある。


学んだこと:
一般のビジネス本とは、少し違う内容でした。

違うジャンルの本を10冊並行して読むという
考え方には、なるほどーと感心させられました。

著者は、とにかく「ビジネス本」を読むことには、
否定的
です。
他人のノウハウを真似していては、一生「庶民」
のままだそうです。

久々に刺激を受けました。
「ビジネス本」以外も、本を読んでみたいと思い
ました。


この本から得たひとこと:
本を読まない人はサルである!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月07日

1冊10分で読める速読術 佐々木豊文

「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)
著者:佐々木 豊文
三笠書房(2010-03-20)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
この速読は、すべての文字を1文字ずつ高速
で追いながら、しっかり内容も理解する方法。

高速とは、1分間に1万字以上読む速度。
たいていの本は、10分で読めるようになる。

日本人の平均的読書は、500~700字/分。


本を1冊10分で読むための「3つのステップ」

1.2000字/分読書をマスターする
  
心の中で文字を音声化しない
  

2.情報読みをマスターする
  読む本を選ぶとき、読んで味わい楽しみたいのか
  情報や知識が欲しいのか、それを明確にする

3.「速読眼」「速読脳」を開発する
  これら「5つの視覚機能」を徹底的に鍛える
  眼力、弾力、リズム、速度、合焦力


学んだこと:
速読には、大きく分けて2種類あります。

(1)眼を早く動かして、速く読む方法
(2)目的を明確にし、必要な情報だけ取り出す方法

この本で説明されている速読法は、(1)になります。
フォトリーディングなどは、(2)になります。

どちらの速読法も、相性があるみたいです。
私は以前、独学で(1)の練習をしていましたが、結局
(2)を習得しました。

どちらをマスターするにしても、それなりの訓練が必要です。

この本は、速読の概要と、簡単な訓練法が説明して
あります。概略を知るにはいい本です。


この本から得たひとこと:
歳を取れば取るほど記憶容量は大きくなる



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月06日

READING HACKS!読書ハック! 原尻淳一

READING HACKS!読書ハック!―超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣READING HACKS!読書ハック!―超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣
著者:原尻 淳一
東洋経済新報社(2008-10)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


フォトリーディング的に書いてみたいと思います。


この本を読む目的:
 
「ライフハック」式読書術とは何か?


フォトリーディング中


この本への質問:

1.本をウェブショップで買わないほうがいい理由は?

2.googleブック検索とは?

3.書評・ブックレビュー検索エンジンとは?

4.ブログを「個人データベース」にするとは?

5.RSSリーダーの活用の仕方は?



質問の回答:
1.本をウェブショップで買わないほうがいい理由は?
 目次やカスタマーレビューをよく読んで購入していた
 にもかかわらず、失敗ばかりしていた。
 インパクトの強いカスタマーレビューに影響されていた。
 書店へ足を運び、自分の目で確かめるのが確実。

2.googleブック検索とは?
 古典や一部の書籍は、「googleブック検索」
 中身を読むことができる
 ただし、著作権が失効しているか、出版社が許可
 している場合に限られる 

3.書評・ブックレビュー検索エンジンとは?
 この検索エンジンは、ウェブショップ、新聞社、
 ブログ、 メールマガジンなど、購入したい本
 の書評が検索
できる。
 
4.ブログを「個人データベース」にするとは?
 ブログを、単なる日記ではなく、アウトプットのため
 の情報データーベース
として捉える。
 ネット上に公開し、さまざまな人の意見を取り入れる。

5.RSSリーダーの活用の仕方は?
 気になる情報は、欲しいタイミングで手に入れたい。
 毎日チェックするのは、労力がかかる。
 キーワードを登録しておくだけでいい。


この本から得たひとこと:
読書にネットを活用する!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索