週末起業

2012年03月15日

辞めて生きる技術 藤井 孝一

辞めて生きる技術辞めて生きる技術
著者:藤井 孝一
販売元:フォレスト出版
(2012-02-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

週末起業でおなじみの藤井孝一さんの
新書です。

新書といっても、読んだのは3週間くらい
前なんですが、ブログで紹介するのが
遅くなってしまいました。

ついに日本も、「会社に雇われる働き方」
ではなく、自分自身で稼ぐ働き方」
主流になりつつあるそうです。

続きを読む

kadenbook at 14:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年12月29日

週末起業サバイバル 藤井孝一

週末起業サバイバル (ちくま新書 811)週末起業サバイバル (ちくま新書 811)
著者:藤井 孝一
筑摩書房(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
大企業の正社員でも安泰ではない。

サラリーマンの置かれた現実は、これからも
きわめて厳しくなる


にもかかわらず、自分で稼ぐ力を持っている人
は、ほとんどいない。
自分の身を守るためには、「自立」するしかない。


週末起業とは

・会社を辞めずに
・お金をかけずに
・インターネットを利用して

おこなう起業。
時間給でもらうアルバイトとは区別している。


週末起業のメリットとは

1、やりがいが得られる
2、経験が得られる
3、お金が得られる


週末起業のデメリットは

1、始めるのが難しい
2、稼ぎを得るまでに時間がかかる
3、就業規則で規制される可能性がある


学んだこと:
今から7年前に発売された「週末起業」
重なる部分もありますが、内容は新しく、
時代に合う中身
になっています。

急に、週末起業に関する本が読みたくなり、
この本を選択したのですが、まだブログに
書いていないことを発見したので、早速
記事にしています。

時が経つにつれ、サラリーマンの状況は悪く
なるばかり
で、ますます週末起業が必要な
世の中になってきているような気がします。

サラリーマンでのんびりしている人、言い方
を変えると、仕事が忙しくて他に何もできない
が多いような気がします。


この本から得たひとこと:
雇われる生き方がリスクになった



kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月16日

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい 中島孝志

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)
著者:中島 孝志
マガジンハウス(2009-05-28)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
起業などせず、サラリーマンのメリットを徹底的に
享受しながら副業する「才テク」をすすめている。

【才テクの特徴】
・好きなこと、やりたいことをする
・生活のためにするもではない
・物売りはしない

【年収300万円時代に、サラリーマンが考えること】
・50歳の時点で「会社員」でない可能性が高い
・会社はサラリーマンの生活を保証してくれない
・「ただの会社員」では、いざというとき、つぶしがきかない
・今後、収入は上がらない

才能を引き出すことが「才テク」なので、いますぐ
儲からなくても、1年後、3年後に回収できればいい。

「才テク」を見つけるには、できる、できないは考えない!


学んだこと:
今の時代、サラリーマンの給料だけでは、将来的
に不安
ですね。

昔のように、ある年齢を過ぎると、急激に給料が
増えるシステム
がなくなり、一部の人を除いては、
給料は安いままです。

いったん、社会のシステムから外れてしまうと、
ほんとうに年収300万円になってしまいます。

自分の好きなことでお金を稼ぐのは、たとえ副業
だとしても、素晴らしいことだと思います。

この本から得たひとこと:
「才テク」は軽い気持ちでスタートする!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月28日

会社を辞めずに年収を倍にする! 藤井孝一

会社を辞めずに年収を倍にする! ノーリスクな副業・起業・独立のためのパーフェクトガイド (講談社BIZ)会社を辞めずに年収を倍にする! ノーリスクな副業・起業・独立のためのパーフェクトガイド (講談社BIZ)
著者:藤井 孝一
販売元:講談社
発売日:2009-06-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

1年くらい前にも読みましたが、そのときは、稼ぐ
にはどういう方法があるんだろう?とあいまいな
感じでした。

現在は稼ぐにはどうしたらいいか?という目的に
変わってきています。

書名:会社を辞めずに年収を倍にする!
著者:藤井孝一


今日もフォトリーディング的に書いてみたいと思います。


この本を読む目的:

稼ぐ方法を知りたい

フォトリーディング中


この本への質問:

1.会社を辞めても食べていくコツは? 

2.起業のネタはあるが、それで稼げるのか?

3.独立願望は強いが、なかなか行動に踏み切れない。  
  実行に移すのに良い方法はないか?

4.起業した後、最初のお客さんの見つけ方は?

5.独立の為の資金は、どれだけ用意すればいいか?


質問の回答:
1.会社を辞めても食べていくコツは?
「これなら誰にも負けない」という専門分野を持つこと。
顧客や取引先が、「この分野ならこの人しかいない」と
思ってくれる存在になること。
相手に自分をどう見せたいかを意識しながら行動する。

 2.起業のネタはあるが、それで稼げるのか?
10人に聞いて、1~2人でも良い反応が得られるもので
あれば、マーケットを広げてビジネス展開できる可能性が
十分ある。

3.実行に移すのに良い方法はないか?
著者のおすすめする方法は
1-経営者や起業の夢を持った人たちと交流し、刺激を受ける。
2-期限と目標を設定してスケジュールを立てていく。
3-自己投資をして、回収しないと損をする状況に追い込む。

4.起業した後、最初のお客さんの見つけ方は?

初期のうちは、タダで情報と商品を提供し、お客さんを集める。
きちんと料金設定する。
顧客のほうから、「欲しい」といわせるように、持っていく。

5.独立の為の資金は、どれだけ用意すればいいか?

数ヶ月の運転資金と生活資金を用意しつつ、会社にいる間に、
融資の申込みや、ローンを組んでおく。

この本から得たひとこと:
経営者や起業志望者と交流し刺激を受ける!

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月16日

学びを稼ぎに変える技術 藤井孝一、森英樹

学びを稼ぎに変える技術 (アスカビジネス)学びを稼ぎに変える技術 (アスカビジネス)
著者:藤井 孝一
販売元:クロスメディアパブリッシング
発売日:2005-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

書名:学びを稼ぎに変える技術
著者:藤井孝一、森英樹

内容:

稼ぎに変える内容がテーマです。

勉強について
サラリーマンは、資格が転職に有利と考え、勉強に励むが、
医者などを除いて、実務経験のない資格だけで転職に有利
になることはほとんどないと断言している。

そして、資格を取れば、独立しても簡単に仕事があると勘違い
している点も指摘している。
稼ぐには、資格は必要ないとも。

稼ぐについて

稼ぎのネタがないので・・・・という人が多いが、ポイントは
「とにかく決めて始めてしまう」ことだそうです。
とにかく始めてみて、自分が納得できるまで試行錯誤を繰り
返す


お金を稼ぐには、まだ発展途上とあきらめてしまう人が多いが、
人よりほんの少し知っているだけで、初心者からすれば、十分
頼れる存在なのである。

学んだこと:
自分のテーマが、「学びを稼ぎに変える」ことだったので、
ぴったりでした。

とにかく始めてみることが大切!と何回も書いてあります。

このブログも、私の今まで勉強(読書)した内容を分かち合い
たいと思い、毎日作成しています。
読書日記以外にも、やってみたいもう一つのテーマがあり
ますので、そちらにも挑戦してみることにします。

テーマとは、多くの人に読書術を教えることです。


この本から学んだひとこと:
悩みを持つ人より、ほんの少し知っているだけでいい

kadenbook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月09日

「お金を稼ぐ!」勉強法 藤井孝一

「お金を稼ぐ!」勉強法「お金を稼ぐ!」勉強法
著者:藤井孝一
販売元:三笠書房
発売日:2008-07-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

1年半くらい前に読みましたが、とても印象に残る本でした。
勉強するより、「アウトプット」を重要視する内容です。

書名:「お金を稼ぐ!」勉強法
著者:藤井孝一


内容:

著者の藤井孝一さんが、昔「勉強おたく」だったこもあり、
学びは大切だが、学んだだけでは意味がない
言っています。

アウトプット
重視の勉強を勧めていますが、その勉強法
とは、
学んだ内容を人に教える、ハッタリでもいいので、学び
ながら専門家を名乗り、自分を発信し続ける
ことが必要だそうです。

ブログ、メルマガ、SNSで情報を発信することにより、自分
を売り込むこともでき、そこでアウトプットすることにより、
さらに学ぶことができます。


学んだこと:

勉強の大切さも説いていますが、それよりもアウトプット
の重要性がメインとなっています。

久々にこの本を読みましたが、学んだことをほとんど
稼ぎにできていない
自分に、あらためて気づきました。

アウトプット
に関して、この本を読んでから、図々しくも、
嫁さん、友人に語るようになりました。
相手は迷惑かもしれませんが、こちらは記憶の定着率
が高まりましたよ。

実際、相手も私が話したフレーズを、他の人に使って
いたりするみたいなので、お互いに勉強になっていると
思います。


この本からのひと言:
・勉強するだけでは、1円も稼げない!

学んでばかりいた自分に、反省しています。

kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月24日

サバイバル副業術 荻野進介

サバイバル副業術 (ソフトバンク新書)サバイバル副業術 (ソフトバンク新書)
著者:荻野 進介
販売元:ソフトバンククリエイティブ
発売日:2009-07-16
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


書名:サバイバル副業術
著者:荻野進介

今日のブログは、フォトリーディング的に書いてみたいと思います。

この本を読む目的:
どんな副業があるのか?知りたい

フォトリーディング中

この本への質問:
今日は、目次をもとに質問を作成


1.副業インフラとしてのインターネットとは?
 (インターネットをどうのように使うといいのだろうという疑問から)

2.独立への準備期間とは、どういうこと?
 (独立したい自分に対して、ここから情報を得たい)

3.アフィリエイト 悩みに効くコンテンツ作りとは?


質問の回答:

1.副業インフラとしてのインターネットとは?
P68
ネット副業は、コストがかからない、時間と場所の制約がないことから、夢の副業インフラとのこと。

稼ぎ方については、ベストセラー「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」から引用してあった。
(この本は、読書済みなので、近日中ブログに書きます。)

・ネットで物を売る
   オンラインショップ、オークション、せどりなど
・ネット広告(アフィリエイト)
   ホームページ、ブログ、メルマガに貼り付ける広告など
・情報を売る
   ノウハウを売る

と、どの本にも書いてあることですね。
ただ、「ネット副業で満足いくほと稼いでいるのは一握り!」と念押ししてありました。


2.独立への準備期間とは、どういうこと?
P95
将来の独立の為の副業とあるので、期待すると・・・
独立資金を貯める為に、本業以外にコンビニやスーパーの清掃で稼いでいる人がいるとのこと。
期待外れでしたの次へ

3.アフィリエイト 悩みに効くコンテンツ作りとは?
P107
情報商材で稼いでいる人が参考にしてあります。
工夫としては、「自分の悩みをもとにサイトを作り、そこに広告ページを貼り付けるのが一番訴求力がある」とのこと。
アフィリエイトで成功するには、サイトのデザインの工夫、わかりやすく読ませる文章、SEOの3つが重要とのこと。

感想:
どこかに書いてある副業のことを、この本にまとめたという感じの本でした。
自分の体験談でもないため、私には響きませんでんした。
著者はライター、編集者なので、こういう内容は予測できましたね。
「著者が何をしている人か?」から、本の内容を推測することは、あらためて大切だと実感しました。
ただ、副業に興味がある人の入門書としては、いいのではないか?と思います。

kadenbook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月20日

週末起業 藤井孝一

週末起業 (ちくま新書)週末起業 (ちくま新書)
著者:藤井 孝一
販売元:筑摩書房
発売日:2003-08-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


独立を決意してから、情報を集めていたときに、出合った本です。
働きながら週末に起業しようというのが、コンセプトです。

書名:週末起業
著者:藤井孝一

内容:
週末起業とは、働きながら平日の夜や土日を使って起業しようというものです。サラリーマンのもう一本の収入の柱を作ったり、独立の準備するのに最適です。
アルバイトなど時間で雇われるのではなく、自分で稼ぐのが目的です。
この本には、会社にバレない工夫や、税金の工面の仕方なども書かれています。
今となっては、内容が古い部分もあります。

学んだこと:
いきなり独立するより、会社に勤めながら起業するという発想に感動したのを覚えています。週末起業フォーラムの会員にもなっています。
本を見ながら、自分が起業したい分野のホームページを作ったり名刺を作ったりしました。1円を自力でまず稼ぐとのことから、アフィリエイトでほんの少しの収入を得ました。
今振り返ると、それ以上進んでいないのが反省点です。
今後は、今まで蓄えた知識をお金に替えてみせます。

ちなみに、自分が作ったホームページです。

・幸せなデジタル家電生活
http://digital-kaden.net

・成功、夢を実現するための自己啓発
http://jikokeihatu.com

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索