2012年01月03日

みなさん、読書する本はどうしてますか?

2012年も3日目になりました。

お餅を食べ過ぎてませんか?

昨年は、5月ころまで書評ブログを
毎日更新
していました。
それ以降は、更新をサボリ気味です。

今だから暴露すると、毎日1冊の書評
は、正直大変でした・・

その反省もふまえて、今年は、書評を
書かない日にも、気になったこと
ブログに書いていきたいと思います。

突然ですが、
みなさん、読書する本はどうしてますか?

続きを読む

kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月01日

あけましておめでとうございます。(2012年の目標も)

新年、あけましておめでとうございます。

2012年の元旦を迎えましたね。

みなさんは、今年何をするか決めましたか?

私は、今までにしてはめずらしく、夢の
ような目標
を掲げるのは止めました。

という訳で、今年はかなり実現が可能
な目標
にしたので、なんとか頑張れ
そうな気がします。

すべて発表するのは恥ずかしいので、
3つだけで許してください!


・年間20回、呼ばれて講師をします
(自主開催とは、別カウントです)

・独立起業カウンセリングを始めます
(もう宣言してしまったので、100人無料
起業カウンセリングのスタートです)

・コーチングの学習を始めます
(キャリアカウンセリングのレベルを上げるため)


読書も書評ブログも継続していきます
ので、今年もよろしくお願いいたします。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月06日

中央アルプス 駒ケ岳 千畳敷 高山植物2

2011年7月29日、長野県 中央アルプス 駒ケ岳
千畳敷に行ってきました。

前回の続きで、高山植物2です。

駒ケ岳きり

ちょうど、霧が立ち込めてきたところです。

続きを読む

kadenbook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月03日

金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大! 佐藤 セルゲイビッチ

金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大!金髪美女と結婚できた理由―出会いは無限大!
著者:佐藤 セルゲイビッチ
販売元:カナリア書房
(2011-07-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


英語もできない貧乏ダメ男が、
金髪美女と結婚できた!

ただ、結婚するための本ではなく、
外国人(金髪美女)との結婚
ターゲットを絞った面白い本です。

世界へ目を向けることで、出会いの
数は無限大
に増えるノウハウが伝授
されています。

続きを読む

kadenbook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月02日

中央アルプス 駒ケ岳 千畳敷 高山植物1

2011年7月29日、長野県 中央アルプス 駒ケ岳
千畳敷に行ってきました。

駒ケ岳には高低差950m(日本最高)のロープウェイ
があり標高2,612mの千畳敷まで7分30秒で上れます。

天気は、曇り→霧、気温10.4​℃の別世界

駒ケ岳


高山植物鑑賞が趣味で、毎年、駒ケ岳か乗鞍岳
まで行きます。

登山が好きでないので、ロープウェイの駒ケ岳、
バスで頂上まで行ける乗鞍岳という選択です(笑)

8月のお盆では、高山植物が枯れてしまうし、
7月中旬ではまだ咲いてなかったりするため、
訪問時期が難しいですね。

続きを読む

kadenbook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月30日

本の読み方の変化3 出版を意識する 本との対話

本の読み方の変化3

10年以上前から、いつか出版したい!
と思っています。

出版で夢をつかむ方法出版で夢をつかむ方法
著者:吉江 勝
中経出版(2010-06-16)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


でも、現時点では独立起業して成功して
いる訳ではないので、ビジネスでの大きな
実績はありません。

しかし・・・
気持ちを抑えきれず、昨年末からとうとう
出版セミナーに通うことになりました。

これが、本の読み方に最大の変化
もたらしました。

出版するためには、出版社の人に企画書
を見てもらう必要があります。
(ちなみに、いきなり原稿はいりません)

そうすると、本を読む側ではなく、本を書く側
の視点
にならないといけません。

・まず、何をテーマにしよう・・
・ターゲット層はどうしよう・・
・自分のプロフィールとどう結びつけるか・・
・どうしてこの企画を考えたのか・・
・内容の概略は・・

徹底的に類書売れているビジネス書
初めて書いた著者の本など研究しました。

そんなことをしているうちに、
いろんな出版社の傾向や誰をターゲットに
しているか?
などが分かるようになりました。

今までのように本を読むのとは、全く感覚
が違います。

・この著者はどういう気持ちで書いたんだろう・・・
・本を書こうとした目的はなんだったんだろう・・・
・どういう経緯で、出版されたんだろう・・・
・発売元の出版社担当者は、この本のどこに
 目をつけたんだろう・・・
・一番言いたいことは、何だろう・・

本を1冊読むだけでも、かなり著者や出版社
と対話
をするようになりました。


これが、本当の本との対話だったんですね。


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
著者:J・モーティマー・アドラー
講談社(1997-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



kadenbook at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

本の読み方の変化2 本をじっくり味わう

●本の読み方の変化2

昨日の続きになります。

ただ、たくさん読むだけ・・・
とにかく、短い時間で読む・・・
必要な情報だけ、拾い出す・・・

どれも、満足感の得られない読書でした。

そんなことから、じっくりと最初から最後まで
味わって本を読む
ようになりました。


松岡正剛
さんも下記の本で言われて
いますが、

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
著者:松岡 正剛
筑摩書房(2009-04-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


読書は、いつ読んだのか、どんな気分で、
どんな感受性のとき
に読んだのかという
ことが、密接にかかわってくる。

本当にその通りです。
そのときの環境によって、かなり変化します。

そんな訳で、1冊にかかる時間が長くなりました。

以前は、20~40分/冊くらい 
今では、1.5~2時間/冊で、何日かに分けてます。

それが、とても楽しい!
読書の醍醐味
がとてもよく分かりました。

難点は、ブログに毎日書くのがとてもつらい
ことです。

1冊の本を何回も読むこともあれば、何日にも
分けて読んだり
しているので、1日1冊という訳
にはいかなくなってしまいました。

まだ続きがあります・・・

kadenbook at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月28日

本の読み方の変化1 速読にはまる

本日は、本の読み方の変化について
ブログ記事にしたいと思います。

●本の読み方の変化1

速読にはまってから、とにかくたくさん
数量をこなすことばかり考えていました。

一時期は、1ヶ月で50冊くらい。

自分の中に、基礎知識を蓄えていく
には、とても良い習慣でした。

とにかく、数をこなすのが目的なので、
作者の気持ちを考えながら質問し、
読んでいたつもりですが、今思うと
全然分かってなかったですね。

しかも、本に書いてあることを実践する
こともなく、ひたすらたくさん読む。


速読とは、たくさん読むことだ!くらい
に思っていました。

ある日突然、何のために本を読んでいる
んだろう?
と考えるようになり、突然、
ゆっくり普通に本が読みたくなりました。

続きは次回・・・

kadenbook at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月15日

被災された方々のご無事をお祈りいたします


東北地方に知り合いはいないのですが、
毎日テレビを見るたびに、行方不明者の
安否を心配しております。

大震災発生後、たくさんの方々が、ブログ
記事の更新を控えていたりします。

こんなときに本の紹介をしている場合では
ないかもしれませんが、明日から今まで
通り再開したいと思います。

一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。



kadenbook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月10日

記念すべき200記事達成

このブログが、200記事目の投稿となりました。

ちょうど、ブログを始めてから、6ヶ月です。
100記事目の投稿から、3ヶ月が経ちました。

1年間の毎日継続投稿の目標まで、
50%達成したことになります。

実は、2010年11月の中旬ころから、忙しかっ
たり、体調が悪かったりで、挫折しそうでした。

いつか、苦しいときが来るとは思ってましたが・・

でも、2010年の12月ころから、急に読書の幅が
広がり、成長した
ような気がします。

2011年は、今までと違ったジャンルの本を読んで
いきたいと思います。


kadenbook at 09:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索