2012年04月04日

憂鬱でなければ、仕事じゃない 見城 徹 藤田晋

憂鬱でなければ、仕事じゃない憂鬱でなければ、仕事じゃない
著者:見城 徹
販売元:講談社
(2011-06-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

幻冬舎 見城社長とサイバーエージェント
藤田社長の対談本です。

独立した今の自分には、「とても共感」
するところが沢山ありました。

なぜか、会社員時代にはあまり気づか
なかった
んですけどね。



すごく小さなことの積み重ねが、とても
大切なことだと気づかされました。

確かに、会社員時代は会社の肩書が
ありますが、独立すると何も後ろ盾が
ないの
で、自分そのものが勝負です。


本の中で言っていることとしては、

・かけた電話は、先に切らない

・名刺交換は、テーブル越しに渡さない

・ありもしない社交辞令は言わない

・名刺を切らしたら、必ず送る

どれも当たり前のことですが、出来ていない
人も多いですね。


この著者のお二人は、2代目でも雇われ
社長
でもなく、創業者なので、いろんな
苦労があったようです。


世の中には、皆が当たり前だと思っている
ことにもおかしなことがたくさんあるということ


私が常に疑問に思っている
「大学4年になると就職活動をしなければ
ならないのか?」
ということも、サイバーエージェントの藤田さん
が書かれてました。

常識は、疑うべきです。

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索