2012年02月13日

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める 築山 節

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
著者:築山 節
販売元:日本放送出版協会
(2006-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

最近、何となく脳が冴えないと感じる
ことはないですか?


脳の力が衰えているとき、欠けている
のは、ごく基本的なこと。

脳にとって良い習慣を身につける
ことが、脳の働きを高めます。



●生活のどこかに試験を受けている状態を作る

何か問題を解決しないといけないとき
集中力を高めて、速く的確な判断が
できるようになります。

時間の締め切りのようなものがあれば、
一気に仕事や物事を片づけれるそうです。

夜に予定があり、早く帰りたいときなどは、
仕事がはかどったりしますもんね。


●家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう

家事のように、献立を考え、購入する食材
を考え、効率を考えながら料理を作る。
これが、最高の脳トレだそうです。

雑用は、脳を鍛えることになるそうですよ。


●「報告書」「ブログ」を積極的に書こう

情報を意識的に脳に取り入れるには、
人に伝えることを前提をして情報をとる
ことが必要になるそうです。

私が主宰の読書講座でも、アウトプット
を意識しながら読書してもらっています。

脳の入力⇒情報処理⇒出力を確認

これらは、脳の能力を上げる方法でも
あったんですね。



     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0) | 習慣

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索