2012年02月06日

心を上手に透視する方法 トルステン・ハーフェナー

心を上手に透視する方法心を上手に透視する方法
著者:トルステン・ハーフェナー
販売元:サンマーク出版
(2011-08-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


『心を上手に透視する方法』と、とても
おおげさなタイトルです。

透視するわけではないですが、体の
いろんな情報
を読み取ると、透視して
いるように、何でも分かってしまう・・・
といった本ですね。



外見に注意を払うだけで、いろいろ
なことが見えてくるそう。

第一印象は、外見によって決まって
しまう!

それほど外見が大切なようです。

どのようなところで、相手の情報を
得ることができるか・・・

・握手して挨拶したとき
 手が荒れているか?、肌はなめらかか?
 ざらざらしているか?、手入れしてあるか?

・キーホルダー
 乗っている車種が分かることもある

・体格
 活動的なのか?、インドア派なのか?


コミュニケーション本などでよく出てくる
内容ですが・・・

発言の内容そのものから伝わるのは、
たった7%
残り93%は、身体(55%)、声(38%)など
の身体言語が伝えると言われています。

これも、相手をいかに観察することが大切
か教えてくれます。


どんな人でも、「瞳孔」だけはコントロール
できないそうです。

情報を読み取られたくない人が、サングラス
をしているのもうなづけます。


目が大きくなるのは、「もっと知りたい!」
というサイン。

目が細くなったら、「物足りない!」という
サインだそう。

目の大きさからも、情報を読み取れます。

このように、情報を読み取る技術
詰まった本です。

人と接する仕事の人は、オススメします。



     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)心理学 | NLP

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索