2012年01月11日

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか ダニエル ピンク

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるかフリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか
著者:ダニエル ピンク
販売元:ダイヤモンド社
(2002-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ちょうど、いまから10年前に発売
された本です。

アメリカでは、日本のように雇用
を守ってもらえないので、フリーで
働く
ことも働き方のひとつです。

日本では、やっとフリーで働く人
が増えてきた感じはありますが、
まだまだです。

アメリカの文化が、何十年か遅れ
て日本に来ていることを考えると、
いずれ日本も独立、起業する人
が増え、フリーで働くことが当たり
前になるのかもしれません。



フリーエージェントという働き方が
登場した背景には、時代の変化が
あります。

1、従業員が忠誠心と引き換えに会社
  から安定を保証してもらう関係が崩壊

2、仕事に必要な道具が、小型で安価に
  なり、個人で所有できるようになった

3、生活のためだけに働くのではなく、
  やりがいも求めるようになった

4、組織の寿命が短くなった

日本もこれに近い状態ですね。


私もそうですが、安定より自由を求める
人にとっては、フリーエージェントという
働き方はとても好都合です。


朝でも夜でも自由な時間に働くことが
できます。

ただ、仕事とプライベートとの境界線
がはっきりしないし、規則正しい生活
が送りにくいというデメリットもあります。


フリーの人が仕事できネット環境もある
カフェ
ができたりと「第3の場所」も増えて
きたりしています。

今までのように大きな組織ではなく、
小さな組織がたくさん増えることにより、
さまざまな環境も変わってくるようです。

「雇われない働き方」が主流になる日
も近いかもしれませんね。


     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)起業 | 仕事

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索