2011年08月05日

24人に1人 渡すだけで仕事が取れる「絶対受注名刺」 福田 剛大

24人に1人 渡すだけで仕事が取れる「絶対受注名刺」24人に1人 渡すだけで仕事が取れる「絶対受注名刺」
著者:福田 剛大
販売元:ハギジン出版
(2010-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「仕事が取れない名刺」は、名刺とはいわない。

「名刺だけで仕事が取れる!」
信じられないかもしれないが、これは事実。

名前、住所、趣味、特技といったパーソナル
データだけではなく、何者にも代えがたい
自分の使命を盛り込むことが特徴。

つい最近、名刺を作りました。
急に思いつき、時間がなかったので、この本
を読む前
でした(笑)

自分をアピールする名刺を作るのは、自分が
何者
か分かっていないといけないので、自己
理解を深めるため
にもなりますね。

仕事が取れる名刺とは、どんな名刺なんでしょう?




仕事が取れる名刺と取れない名刺には、
たった一つの決定的な差がある。

「何のために今の仕事をしているか」
「自分はこの夢のために生きている」

といった、自分の「使命」を名刺に記入して
いるか否か。


●これはやめたほうがいい、NG名刺。

・一般規格91mm×55mmより、大きい、小さいもの
⇒名刺ケースに入れるときに困る

・お金をかけていない名刺
⇒家庭用プリンタで出力した名刺を嫌っている
 人も多い。発色が悪く、ミシン目が安っぽい。

・会社名、住所、電話番号、肩書き、名前、メール
 アドレスだけの電話帳名刺
⇒渡した相手も何を聞いたらいいのか分からない

・裏面に英語表記
⇒話しが進展しない


●名刺には7つの役割を入れる

1、嫌でも顔と名前を覚えてもらう
  ・写真、イラストを入れる
  ・フリガナを入れる

2、自分の仕事に対して興味をもってもらう
  ・使命を入れる

3、自分と仕事を理解してもらう
  ・事業内容ごとに名刺を作る

4、連絡先をパッと伝えて因報を待つ
  ・連絡先は、読みやすい大きさ、目立つもの

5、誰とでも会話を成立させる
  ・相手からの質問は、名刺に書いてある

6、実績、趣味、嗜好を伝えてグッと近づく
  ・血液型、星座、出身地、資格、特技など
   
7、次のステップにつなげるひと言
  ・お問い合わせしてもらう文面


実際のサンプルを知りたい方は、本屋で立ち
読みするか、購入してくださいね。

名刺は大切だな~と、実感しました。

初対面の場合、名刺を見て会話することが
多かったことに気づきました。

社長でもないのに、会社の名刺を出されると
困ってしまったこともありました。
以前の私もそうでした。

この本を参考にして、第2弾の名刺を作成
したいと思います。


まとめ:
名刺は、自分そのもの!


     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)ブランド 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索