2011年07月22日

断る力 勝間和代

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
著者:勝間 和代
販売元:文藝春秋
(2009-02-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「断る力」を身につけよう。

単に人からものごとを頼まれることを
断る
だけでなく、日本独特の「空気を読む」
「その場の雰囲気」「無言の圧力」
などにも
断る力を身につける。

勝間和代さんも、もともとは断れる人では
なかったようです。

拒否する力を身につけたと確信したのは、
34歳で初めて離婚を経験したとき。




「断る力」がないと、うつ病になりやすい。

日本は同調思考を重んじることが優先
されるあまり、断らないことの弊害の方が
目立っている。

日本の自殺者の多さが、物語っている。


「断らなく」ても、嫌われることはゼロには
できない。

断ることで失うよりも、得られるものの方
が大きい。

相手にノーと言う場合は、
・こちらが意地悪で主張しているのではない
・相手をわざわざ傷つけようとしているわけではない
・相手の価値観は理解したうえで話している

ということを、心の底から相手との信頼を
もって伝えないといけない。


まとめ:
空気を読んだ上で無視できる力を身につける

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0) 自己啓発 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

大岩 俊之

イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索