2011年06月10日

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目 岩松 正記

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
著者:岩松 正記
販売元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
(2010-11-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


起業や会社経営に興味を持ちつつも
今一歩を踏み出せない方、もしくは
踏み出したものの不安や疑問を抱い
ている方に向けた本だそうです。

どちらかというと、会社を経営したときに
やってはいけないことを前もって知りたい
起業準備中の人にピッタリのような気が
しました。

サラリーマンの方でも、経営者側からの
視点
を学ぶことができるので、社会人と
して勉強になりそうな本ですね。




第1章 マネジメント編

06 起業・新規事業は客を作ってから

事業が順調に拡大した例を見てみると、始めから
仕事があり、それに引き続いて起業や会社設立
がある、という場合が多い。

07 営業に自信がない人は、経営者になっていけない

どんなに良い商品を作っても、売り方が悪ければ
商品は売れない。商品力で売れるのは全体の3割。


第2章 人事・労務編

22 創業メンバーは未来の幹部にはならない

経営が軌道に乗ってくると、創業メンバーには
中間管理職としての役割が求められてくる。
会社が求めている人材が徐々に変わっている。

29 優秀な社員は採用できない

できる社員は、今勤めている会社でもそれなりに
評価されているはず。
もしくは、本当に優秀だったら、自分で会社を
起してしまっているのではないか。


第3章 給与体系

46 定時退社にして残業代は払うな

残業が当たり前になっている会社は、間違い
なく作業効率が落ちている。
人は、拘束時間が長いと、いくら高額の給料
をもらっていても、不満を持つようになる。


というように、気になることがズバズバ指摘
されています。

サラリーマンをしていると、見えていない部分
が多い
ことに気づかされる本です。


     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)起業 | 会社

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索