2011年05月04日

セミナー講師は奥が深い2 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法

「セミナー講師」関連の本、復習第2弾です。

今までは、セミナー講師になるにはどうしたら
いいのか?
ばかり考えていました。

本を読む目的は、「セミナー講師になるには?」
ということになってました。

今回の復習の目的は、「セミナー講師として
の話し方、場の作り方などのテクニックは?」
ということにして読んでみると・・・

ほとんど、そのような内容はありませんでした。

今頃ですが、私の読んでいた本は、「セミナー講師
になるための本」
ばかりだと気がつきました。

出版されている本も、そのような内容がほとんど。


90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)
90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)
著者:東川 仁 著
販売元:同文館出版
(2010-09-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」
をテーマに。

・ひとつのテーマについて、少なくとも一度は、
 一字一句まで、原稿を書く。
 箇条書き程度はNG。 

⇒さすがに原稿までは書けませんでしたが、
 箇条書きレジュメを当日持参しました。
 当初は、全くのアドリブでしゃべる予定でしたが、
 前日に主催したセミナーの講師が、レジュメを
 持っているのを見て、帰宅後の夜中に作りました。
 箇条書きレジュメがあって、助かりました。


・原稿を作ったら、必ずしゃべってみる。
 
⇒箇条書きレジュメを見ながら、しゃべってみました。
 出版プレゼンの練習のとき、原稿を作って
 ひたすら、しゃべってました。
 しゃべってみると、イメージしていた時間と
 違ったりするのが分かります。


今日は、ここまで。



     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)講師業 | 勉強法

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索