2011年01月25日

Mac People(マックピープル) 2月号

Mac People (マックピープル) 2011年 02月号 [雑誌]Mac People (マックピープル) 2011年 02月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス(2010-12-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

R+(レビュープラス)から、Mac People(マック
ピープル)2月号の献本が届きました。


ありがとうございます。

内容:
Mac People(マックピープル)2月号で、
一番興味を持った記事は、「最新ワード10」
です。

いま覚えておくとホットな、マックに深く関わる
10個の用語がピックアップされています。

家電好きの私は、こういった最先端の技術
が大好きです。
(毎年、シーテックジャパンに行っています)


●Bluetooth3.0
デバイス機器間でワイヤレスにデーター
通信できる近距離間通信の規格です。

携帯電話とパソコン間、マウス、キーボード、
ヘッドホンなど周辺機器をパソコンに接続
する規格として普及しています。

10年くらい前にBluetoothが開発された
ときは、画期的ですべてがBluetoothに
置き換わるなんて言われてましたが、なか
なか普及しませんでしたね。


●Blue-ray
DVDの次世代規格として、ソニー、シャープ、
パナソニック
などが策定した光ディスクの規格。

ブルーレイレコーダーでおなじみですね。

2層式で、50GBの容量
(DVDの5倍以上です)

Blue-rayは、容量の大きさだけではなく、
DVDではできなかった、ハイビジョン録画
が可能になっています。

ホームシアターの5.1chの音も違います。


●DLNA
デジタル機器同士がネットワーク経由で
連携できる。
DLNAは、業界団体の名称。

リビングで録画した映像が、寝室のテレビ
で楽しむことができたりします。
家庭内LANを使用します。

最近、そこそこ主流になってきた感じは
します。


●exFAT
マイクロソフト社が開発したファイルシステム
で、主にUSBメモリー、SDカードなどの使用
を前提
としている。

いままでは、FAT32という形式だった。
1ファイルあたりの最大サイズが、4GB。

exFATは、64ZBまで可能。
容量の大きさは、
KB/MB/GB/TB/PB/EB/ZB

ほとんど無限大ですね。
これで、超大容量のSDカードなどが出て
きそうです。


●HDMI
ケーブル1本
で、デジタルの音声と映像
流すことができます。

これで配線も楽になりますが、HDMIは先程
でてきたBlue-rayの5.1ch音声を流すとき
にも必ず必要になります。

HDMIを使用しないと、Blue-rayの良い音
堪能出ないのです。
他にも条件はありますが、ここでは省略します。


●USB3.0
現在のUSB2.0から転送速度を10倍以上
引き上げた規格。

普段、パソコンで使用しているUSBですが、
USB2.0が誕生してから、時代が変わりました。

USBの外付けHDDやUSBメモリがあるのも
このUSB2.0のおかげです。

さらにUSB3.0に上がることによって、すごい
ことになりそうです。


気になる用語をピックアップしてみました。
最先端の技術用語に触れることができ、
とても楽しかったです。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村   ←ランキング応援ポチはこちら

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)雑誌 | 家電

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索