2010年12月23日

はじめて講師を頼まれたら読む本 大谷由里子

はじめて講師を頼まれたら読む本はじめて講師を頼まれたら読む本
著者:大谷 由里子
中経出版(2009-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
人前で話す機会があれば、そのときは
だれでも講師になる

講師は大きく3種類に分けられる。
・セミナー講師
・コンサルタント講師
・講演講師

セミナー講師
に必要なのは、いかにスキルや
知識
を分かりやすく教えられるか。

コンサルタント講師は、具体的な結果
求められることも多くなる。

講演講師は、知識やアドバイスのほかに
「感動」が求められる。


話しを広げるためには、ネタ帳を作って
おくことが大切。

あらゆる雑誌を読むことはもちろん、
電車でOLや高校生の会話などが、
とても役に立ったりする。

本気で講師をするなら、自分の姿を
ビデオに撮影してみる。


学んだこと:
相変わらず、吉本興業のお笑いネタ
引き合いに出していますが、内容はすごく
分かりやすいです。

他の本のように、セミナーを企画、開催
するための内容ではなく、人への伝え方、
ネタのつくり方、笑いのつかみ方
など、
実践で役に立つことが多いです。

一度、大谷さんのセミナーを聞いたことが
あるので、本の内容が頭に入りやすいですね。


この本から得たひとこと:
最初の3分に、まず本気になる!

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)講師業 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索