2010年12月02日

ビジネス用語の常識・非常識 水野俊哉

ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)
著者:水野 俊哉
双葉社(2010-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容
ベストセラービジネス書で、頻出の知識が
この1冊にまとめられている。

主なテーマは、下記6つのジャンル
・行動経済学
・自己啓発、成功哲学
・ビジネス実務用語
・脳科学、勉強法
・起業、投資
・ベストセラービジネス書

特に気になった用語は

「サンクコストの過大視」
⇒人は先行投資してしまうと、過去に投資して
 しまった額に影響され、さらにマイナスになる
 と分かっていても、追加で投資してしまう。

「ハインリッヒの法則」
⇒1つの重大な事故の裏には、29件の軽い
 事故
があり、さらにその裏には300件の
 ヒヤリとしたり、ハッとするようなうっかり
 ミス
が存在する

「社会起業家」
⇒主に、利益追求のためではなくよりよい
 社会にするため
にビジネスをスタートする
 人々のこと。事業として成功することにも
 価値を置いている。
 

学んだこと:
用語のジャンルで、自己啓発、成功哲学、
起業、ベストセラービジネス書
などをピック
アップしているのが、いかにも水野さんらし
いですね。

これだけの用語(約400)を解説するには、
この何倍、何十倍の本を読まないといけ
ないので、かなりの力作だと思います。

普段、ビジネス書をたくさん読みますが、
あらためて用語として目にすると、また
違った感覚がします。

そして、分野によってはあまり分からない
用語が多かったり、少なかったりで、
得意分野、苦手な分野が発見できました。

あまり、ビジネス書を読まない人にも
勉強になる本だと思います。


この本から得たひとこと:
ビジネス用語は、現代日本人の必須言語!

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)ビジネス | 自己啓発

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索