2010年11月05日

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 美崎栄一郎

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)
著者:美崎 栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション(2010-06-25)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内容:
高いIT機器
を使いこなすより、まずはノートを
使いこなす
こと。

持ち運びのできる、あなた自身のスキルになる

裏紙を使っている人は、ノートを見返す習慣がなく、
自分の経験を捨てていることになる

本人の経験の積まったノートの方が、何倍も
価値がある

マインドマップやシンプルマッピングを使って
管理している人もいる


学んだこと:
この本は、ノート術の実践編という位置づけで、
現役社会人25名との対談形式になっています。

人それぞれ、ノートの使い方は違いますが、
あまりノートを活用してこなかったので、勉強に
なりました。

裏紙やメモ帳に書き込んで捨ててしまっていた
ことも多かったので、なるべくノートに残したい
と思います。

この本から得たひとこと:
ノートに書いたことは、自分の経験の蓄積である

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加     
kadenbook at 08:00│Comments(2)TrackBack(0)ノート術 | 文房具など

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大竹真一郎   2010年11月05日 22:37
先日水野さんの懇親会に合流した大竹(夫)です。この美崎さんの本に私のノートがNさんとして紹介されてますねん。
で、嫁のことろしく。またお会いしましょう。
2. Posted by ooiwa   2010年11月06日 16:36
大竹さん

先日は、お世話になりました。
コメントありがとうございます。

本に紹介されるなんて、すごい
ですね。

また、よろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索