2010年07月20日

週末起業 藤井孝一

週末起業 (ちくま新書)週末起業 (ちくま新書)
著者:藤井 孝一
販売元:筑摩書房
発売日:2003-08-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


独立を決意してから、情報を集めていたときに、出合った本です。
働きながら週末に起業しようというのが、コンセプトです。

書名:週末起業
著者:藤井孝一

内容:
週末起業とは、働きながら平日の夜や土日を使って起業しようというものです。サラリーマンのもう一本の収入の柱を作ったり、独立の準備するのに最適です。
アルバイトなど時間で雇われるのではなく、自分で稼ぐのが目的です。
この本には、会社にバレない工夫や、税金の工面の仕方なども書かれています。
今となっては、内容が古い部分もあります。

学んだこと:
いきなり独立するより、会社に勤めながら起業するという発想に感動したのを覚えています。週末起業フォーラムの会員にもなっています。
本を見ながら、自分が起業したい分野のホームページを作ったり名刺を作ったりしました。1円を自力でまず稼ぐとのことから、アフィリエイトでほんの少しの収入を得ました。
今振り返ると、それ以上進んでいないのが反省点です。
今後は、今まで蓄えた知識をお金に替えてみせます。

ちなみに、自分が作ったホームページです。

・幸せなデジタル家電生活
http://digital-kaden.net

・成功、夢を実現するための自己啓発
http://jikokeihatu.com

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)週末起業 | 稼ぐ

2010年07月19日

お金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドランド

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
著者:ロバート キヨサキ
販売元:筑摩書房
発売日:2001-06-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


一昔前、流行したお金持ち父さんシリーズの本です。
その中で、私が一番影響を受けたのが、キャッシュフロー・クワドランドです。
本田健さんも、本の中でこのキャッシュフロー・クワドランドを良く使っています。

書名:お金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドランド
著者:ロバート・キヨサキ

内容:
キャッシュフロー・クワドランドについて書かれている本です。

キャッシュフロー・クワドランドとは?

図で書き表しにくいので、言葉で・・
4つのクワドランドから、成り立っています。

左側1:E(従業員)
 ⇒安定を得るかわりに、会社へ自由と時間をささげている
  サラリーマン、会社社長など
左側2:S(自営業)
 ⇒稼ぎは増えるが、全部一人でやらないといけない
  自営業者、美容師、開業医、税理士など

右側3:B(ビジネスオーナー)
 ⇒オーナーで、会社に出社する必要がない
  ネットワークビジネスの成功者も含まれる

右側4:I(投資家)
 ⇒投資で稼いでいる
  小額な株投資などではない

左側のE、Sは不自由人で、お金を稼げない

右側のB、Iは自由人で、お金持ちになれる


学んだこと:
この本を読んで良い影響、悪い影響、両方あったように思います。

良い影響としては、独立してお金持ちになるぞ!という決心ができたこと。
3年経って、独立寸前まできていますが、いまだにこの決心はなくなっていません。結果はまだですが、3年も思い続けれたのは、すごい! とたまには自分をほめてあげました。

悪い影響としては、ビジネスオーナーになるぞ!と意気込んだのはいいのですが、現時点から現実離れしすぎていて、目標が高すぎました。これで、少し挫折感を味わったことがあります。

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お金 | 自己啓発

2010年07月18日

コーチングが人を活かす 鈴木義幸

コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術
著者:鈴木 義幸
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2000-05-31
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


コーチング会社最大手、コーチ21の鈴木義幸さんがコーチングについて書いた入門書です。
鈴木義幸さんの本は、非常に分かりやすいです。

書名:コーチングが人を活かす
著者:鈴木義幸

内容:
すぐに使える50のスキルが書かれています。

大きく分けると:
PART1 相手の中から答えを引き出す
PART2 安心感と自信を与える
PART3 未来への夢を抱かせる
PART4 新しい視点を与える
PART5 自発的な行動を促す
PART6 コーチに達人に向けて

学んだこと:
コーチングを受け始めた時、コーチングについてもっと知りたいので、本を紹介してほしいと頼み、コーチに教えてもらった本です。読んだのは3年くらい前だと思います。

日常で、会社、友人、家族にすぐ使えるスキルでした。この本を読んだ後、人に対する接し方が変わりました。日ごろ、コーチングセッションを受けているので、本からの影響がすべてではないですが、コーチングは、ビジネスでは身につけておいた方がいいスキルだと思います。人間関係もスムーズになります。

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コーチング | コミュニケーション

2010年07月17日

さあ、才能に目覚めよう マーカス・バッキンガム

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2001-12-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

自分自身を知るには最高の本です。

本に、アクセスIDが付いており、Web上で1回だけ
テスト(約40分)をすることができます。

そして、5つの強みを知ることができます。
ただし、中古本はNGです。

いろんな、フォーマルアセスメント(標準化されたテスト)
を受けましたが、古いものばかりです。

ストレングスファインダー
(5つの強み)が一番経済的で、
自分が理解できる非常に良くできたテストです。


内容:
人はすぐれた能力を持っています。
その能力を34のパターンに分類しています。

34の強みとは:

アレンジ、運命思考、回復志向、学習欲、活発性、
共感性競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、
コミュニケーション最上志向、自我、自己確信、社交性、
収集心、指令性慎重さ、信念、親密性、成長促進、
責任感、戦略性達成欲、着想、調和性、適応性、内省、
分析思考包含、ポジティブ、未来志向、目標志向


学んだこと:
コーチングを受けていたとき、コーチからすすめられた本です。
ストレングスファインダー(5つの強み)を知ることにより、
自分自身の強みを知ることができました。

2年半前にテストしましたが、
結果は、
1.個別化、2.社交性、3.調和性、4.最上志向、
5.未来志向

順番も関係あります。

私は、人に対して、それぞれ違う接し方をしますが、誰に
対しても同じ接し方をする人もいます。
それは、この個別化があるかないかの違いみたいです。
これを知り、妙に納得しました。

あとは、人と接するのが好き(社交性)常に上を目指して
いる(最上志向)
先のことばかり考えている(未来志向)
すべて当たっています。

経済評論家の勝間和代さんの本の中でも、自分自身を
知るための本として、何度も紹介されています。

テスト料金は、本代だけしかかかりませんからね。

セミナーに参加すると、自己投資の意識が高い人がたくさん
います。
その人たちとの会話の中で、このストレングス・ファインダー
(5つの強み)で、お互いを紹介しあったりすることもあります。

kadenbook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自己分析 

2010年07月16日

非常識な成功法則 神田昌典

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
著者:神田 昌典
販売元:フォレスト出版
発売日:2002-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


自己啓発されている方なら知っている、神田昌典さんの本です。
神田昌典さんの本で、一番初めに読んだのがこれです。

書名:非常識な成功法則
著者:神田昌典

内容:
成功に必要な8つの習慣が書かれています。
かなり上から目線です。

第1の習慣 やりたくないことを見つける
第2の習慣 自分にかける催眠術
第3の習慣 自分に都合のいい肩書きを持つ
第4の習慣 非常識的情報獲得術
第5の習慣 殿様バッタのセールス
第6の習慣 お金を溺愛する
第7の習慣 決断は、思い切らない
第8の習慣 成功のダークサイドを知る


学んだこと:
私がこの本から学んだことは、下記3点です。
1.やりたいことを見つけるには、やりたくないことを知る
2.目標は紙に書くと、実現する
3.テープ学習、読書(フォトリーディング)が大切

1.やりたくないことを知るというのは、今までにない発想でした。やりたくないことを知ることによって、やりたいことが分かるという方法は、いろんなところで活用させてもらっています。

2.いろんな成功哲学の本に、目標は紙に書きなさい!と書かれていますが、この本を読んで、初めてピンときました。この本の中でも出てきますが、私も昔のノートを見返したりすると、そこに何気なく書いていたことが実現していたりします。紙に書き出す!と意気込むと、つい「大きな目標」にしてしまいますが、小さな目標が実現していた自分に気づくことで、自信が持てました。

3.成功者には、この習慣があるみたいです。フォトリーディングを習い、読書の習慣はできましたが、テープ学習はなかなか習慣ができないですね。

kadenbook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自己啓発 | 成功
プロフィール
イベント・おすすめ記事
おすすめ記事
書評記事検索